船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM塗装・塗り替え
ビジネス

『すぐ成果がでる!営業マン採用手法公開!』

 
皆さんこんにちは。
船井総研の久山(クヤマ)です。今回は、営業マン採用について
書きたいと思います。

詳しい事例は塗装コンサルティングサイトでも公開しています。

多くの会社さんが、採用には悩んでいるかと思います。

某大手の求人媒体に40万かけて誰もこなかったという経験をしている会社さんも多いのではないでしょうか?

そんな中indeedをうまく活用して、
ひと月の面談数14件から1件の採用をした愛知県の塗装会社さん
エンゲージを活用してわずか5万円で1件の採用をした大阪の会社さん
など、最近では採用の反響が多くなっています。

では、一体どうしたら応募がくるのでしょうか?

Indeedで応募を増やすためのポイント
(1)エリア×職種×給与をタイトルに入れる
例)〇〇市の営業【基本給〇〇万円~】
転職者は、より良い条件を求めて転職活動をしています。特に分かりやすいのは給与です。
他社の基本給と比較しながら、1.3倍の給与設定にするのがコツです。
船井流差別化の数字法則として1:1.3:1.3²という数字があります。
この法則をうまく活用して、他社との差別化をします。
社労士さんに基本給を相談すると大抵22万~23万に設定されます。
22万~23万の1.3倍なので28.6万~29.9万の設定が理想です。

(2)仕事もプライベートも充実と明記する
内容については、仕事の内容も大事ですがいかにプライベートも充実しているかがポイントです。
給与の次に関心があるのが、休日と残業です。この部分が明記されているかがポイントになります。

(3)広告費を3000円/日以上かける
通常indeedでかける費用として、一日あたり2000円くらいが相場になります。
ここでも差別化の数字を活用して、適正広告費用をかけていきます。
2000円の1.3倍は2600円。さらに差別化の数字として1.3²倍にする。
そうすると3380円になります。2600円~3380円くらいで費用をかけていくと、他社よりも多く表示されます。
広告宣伝費もむやみにかけるのではなく、差別化の数字を使用しながら、適正広告費用をかけていきます。

この3つのポイントを押さえながら、
ぜひ営業マンの採用をindeedやエンケージや求人の媒体で実施して下さい。

きっと、応募がくるはずです。

人財採用の相談をしたい。人財採用した後の人の定着をしたい方はこちら

来週火曜日の次回塗装メルマガもお楽しみに!