船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COMリフォーム&増改築ビジネスリフォーム&
増改築ビジネス

あなたは、売れる商品に興味ありませんか?

船井総合研究所の吉川顕(二級建築士)です。

それではご覧ください。

▼詳しくはこちら【増改築】▼
https://fhrc.funaisoken.co.jp/reform

「この商品欲しい!」となるように
顧客心理を動かすことができたら、、、

今回、ご紹介するのは、リノベーション商品についてです。
リノベーション商品は、まだ明確な金額を打ち出している会社が
少なく売るためには建築知識が必要だと思われがちですが、
違います。

ライフサイクルが進んでいない今こそ参入のチャンスです。

ライフサイクルによる顧客心理は以下のように進んでいきます。

フェーズ1:比較基準がなく、高いか安いかが不安
フェーズ2:他人と同じくらいのものを選びたい
フェーズ3:よりいいものを選びたい
フェーズ4:自分に合ったものを選びたい

ライフサイクルが進むにつれて顧客心理は変化(成長)し、
より多くの選択肢の中から答えを選びたくなるものです。
しかし、増改築リノベーション業界はまだフェーズ1です。
わかりやすく比較できる商品MDを作成し、
定額制パックにすることによって、お客様に安心して
自分あったプランを選んでいただくことができます。

「じゃあ、どうやって
商品MDをつくればいいの?」

▼詳しくはこちら▼

答えはシンプルです。

リノベーションと比較対象となる新築に合わせて商品を作ります。
「新築と同じ仕様ですが、リノベーションであれば、
70%くらいの金額でできるので、お得ですよ。」
と提案があれば予算の限られたお客様はリノベーションを選択します。
次に、リフォームとの比較です。
「リフォームとリノベーション何が違うの?」と
よく比較されます。
リフォームはお化粧直しとよく例えられますが、
リノベーションは、耐震や断熱性能など大きくは
構造や性能の向上のことで、ランニングコストの面や
税制優遇の利用が可能なためお得です。

ライフサイクルが先に進みすでに価格が明確に
顧客に知られている、新築やリフォームと
比較することによって、フェーズ1の比較基準をつくります。
そして、そんな安心して購入していただける定額制商品さえ
作れば迷いなく売ることができます。

リノベーション商品MD作成の秘訣!


▼詳しくはこちら【増改築】▼
https://fhrc.funaisoken.co.jp/reform

最後までお読みいただき、誠に有難うございます。
ぜひ引き続き、増改築ビジネスを注目していただけたらと思います。
来週木曜日もお楽しみに!