船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM資産管理・会員制賃貸ビジネス・不動産テック

明日から実践できる不動産業界における業務効率化の最先端を徹底解説! 営業利益2.2億円を生む“高効率賃貸管理モデル”の構築

 
今回は「株式会社三福管理センター」様をご紹介致します。
三福管理センター様は、平均入居率70%台の愛媛県松山市で、入居率98%を8年連続で達成しています。
また、一人当たり年間粗利2,,500万円、年間管理戸数1,000戸増、入居率98%
営業利益2.2億円(社員一人当たり利益1,000万円)を実現しています。

詳細はこちらから!
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
こちらをクリック

同社はクレーム0、立ち合い0、督促0を始めとする、“高効率賃貸管理モデル”を導入し、
僅か16名の従業員で管理戸数11,000戸を運営(1000戸あたり1.5名)しています。
更にこの1年でオーナーが殺到し、年間管理戸数1,000戸増を実現し、
現在粗利6.2億円、営業利益2.2億円を生む“超”高収益企業様です。

“高効率賃貸管理”の最大のポイントはやめるべき業務を選定し、「外注化」することです。

賃貸管理会社の収益性を低くしている代表的なものとして、入居者に対するクレーム対応があります。
賃貸管理業務の本質は対オーナー業務であり、全国的にもここがしっかりとできている会社が管理戸数を伸ばし、
高収益を実現しています。
一方で入居者対応に追われ、対オーナー業務に割く時間が少なくなっている会社は入居率の低下、オーナー離れなど、
悪循環のサイクルに陥っている場合がほとんどになります。

通常、不動産業界においてクレームの入電数は管理戸数の約3~5%と言われている中で
三福管理センター様ではクレーム入電数0本を実現しています。

なぜ、クレーム入電数0本を実現できているのか。
それはクレーム対応の「外注化」にあります。
三福管理センター様では入居者からのクレーム電話を
コールセンターが請負い、全てのクレームを外部で完結させる「完結型コールセンター」
を構築しています。
そのため、自社の社員がクレーム対応に追われることなく、本来やるべき業務である
オーナー営業に尽力できることになります。

三福管理センター様における「完結型コールセンター」の仕組みを簡単に紹介すると・・・
(1)入居者のクレームは全てコールセンターに入電
(2)一次対応をコールセンターで完結
(3)必要に応じてコールセンターから指定業者へ駆けつけ依頼
(4)業者による駆けつけ・対応
(5)コールセンターによる報告書作成
(6)オーナーへの事後報告

また、「完結型コールセンター」の構築のために
(1)オーナーの一定額内修繕の事後報告についての承諾
(2)入居者へのコールセンター電話番号周知
(3)コールセンターとの入居者対応ルールの取り決め
(4)業者との駆けつけ時対応の取り決め

上記フローによって自社のクレーム対応時間は激減して対オーナー業務に尽力でき、
その結果入居率の向上、管理戸数増加、工事粗利増加など
好循環の賃貸管理体制を確立できます。

今回、「高効率賃貸管理」を実現している成功企業としてご紹介した、
株式会社三福管理センター 代表取締役 永井氏をゲスト講師としてお迎えし、セミナーを開催いたします。

また、お伝えした「完結型コールセンター」や“高効率賃貸管理”を確立するための
「業務効率化マニュアル」、「業務効率化ツール」をご参加された皆さま限定で
公開いたします!

特にこのような思いをお持ちの経営者様は是非今回のセミナーへご参加下さい。
・営業利益率を高めたい
・高収益のビジネスモデルを確立させたい
・3年以内に地域一番を目指したい
・地域一番店ではあるが、生産性を上げ、さらに大きく成長させたい
・他とは違う“特別な価値”や“ブランド”をつくりたい

【業務効率化セミナー2019】
・特別ゲスト講師:株式会社三福管理センター 代表取締役 永井俊昭氏
・日程:2019年7月18日(木)
・場所:船井総研 芝セミナープレイス
・時間:13:00~16:30 (受付12:30~)
↓お申し込みはこちら↓
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/seminar/046323_lp/

詳細はこちらから!
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
こちらをクリック