船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM資産管理・会員制賃貸ビジネス・不動産テック

10年以上管理が増えていなかった管理会社が 毎月50戸継続的に管理戸数を増やせた「完全0円リノベモデル」

~『ゼロ円空室リノベーション』で管理業績アップ~
■■■■■■□□□□■■■■■■□□□□■■■■■■□□□□
今回は大阪、京都に店舗を展開されており、
管理戸数を毎月50戸増やされている
“株式会社ベストホーム”様の取り組みをご紹介させていただきます。

今、皆さんもご存知の通り、全国的な入居率の低下や築古物件の増加等々で
不動産業界は増々厳しさを増してきています。

そのような状況で自社の売上や管理戸数の伸び率を見て
今後に不安を抱えている賃貸管理会社様も多いのではないでしょうか。

賃貸管理業における売上の考え方として、下記2つがあります。
①売上(管理手数料売上)=管理戸数×入居率×管理戸数単価
②売上(工事売上)=空室数×リフォーム・リノベ提案率×提案受注率×工事単価

また、営業の考え方としては下記4つがあります。
①新規顧客に新商品を売る
②新規顧客に既存商品を売る
③既存顧客に既存商品を売る
④既存顧客に新商品を売る

新規顧客から売上をつくろうとした場合、
既存顧客から売上をつくるよりも5倍の費用・手間がかかると言われています。
また、既存商品よりも新商品のほうがインパクトは大きくなります。

その為、既存の顧客(管理オーナー)から収益を上げていくことが
効率的に業績をアップさせる一番の近道となります。

しかしながら
・なかなかオーナー営業が進まない
・提案は数多く行っているが受託につながっていない
・営業マンが自信を持って提案できていない
・リフォーム・リノベーションはしたが入居付けできていない
・現状の商品に限界を感じている
など賃貸管理会社様が直面している問題は多岐にわたります。

冒頭でご紹介したベストホーム様も
サブリース等の商品を活用して管理獲得に努めましたが、
厳しい市場ということもあり、なかなか管理が増えませんでした。
また、管理営業に動こうとしても普段の業務が忙しくて行けない、
といった現状がありました。

そのような状況から抜け出すきっかけにつながったのが
『ゼロ円空室リノベーション』でした。

社内を業務効率化した上で、
『ゼロ円空室リノベーション』で管理戸数・工事売上を大幅に成長させた
”株式会社ベストホーム様”の成功事例をご紹介致します。

↓詳しい内容はこちら↓
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/chintai/seminar/053402_lp/

今回は少しだけ株式会社ベストホーム様の成功のポイントをご紹介いたします。
①入居者ニーズを的確に把握し、時代に合ったリフォーム・リノベーションデザインプラン
②”リノベーション×ファイナンス”でオーナーリスクゼロの商品設計
③どの営業マンでも高い受託率を達成する営業の仕組み作り&販促ツール

より詳しい内容をご紹介させていただくために、
今回は株式会社ベストホーム 経営企画室室長 田中秀信氏を特別ゲストとして
お迎えし、『賃貸管理ビジネス経営者セミナー2020』を開催いたします!

↓『賃貸管理ビジネス経営者セミナー2020』詳細↓
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/chintai/seminar/053402_lp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★ゼロ円空室リノベーションモデルを実施するメリット☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【理由1】全国的に築古物件が急増し、リノベーション需要が高まっている!
【理由2】金利負担0円・自己資金持出0円でオーナーの断る理由をなくす!
【理由3】他社にはない独自の商品で差別化!管理受託の大きなきっかけになる!
【理由4】物件力UPにより入居促進!高入居率の実現・仲介売上アップにもつながる!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★賃貸管理ビジネス経営者セミナー2020 開催概要☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【東京会場】
日程: 2020年1月23日(木) 13:00 ~ 16:30 (受付 12:30 ~)
会場: 船井総合研究所 東京丸の内本社
所在地:東京都千代田区丸の内1丁目6?6 日本生命丸の内ビル

【セミナーお申し込みはこちら】
https://member.funaisoken.co.jp/seminars/a2m100000099pI6/sign_in
※セミナーご参加の方限定!無料で経営相談ができます
※この日程はどうしても先約があって参加できないという方、
セミナーへのお申込みをためらっているという方、
その他ご不明点等ございましたらお問合せください。
担当の者より回答をさせていただきます。

皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

お忙しいところ最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました!
これからもよろしくお願いいたします。