船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM資産管理・会員制賃貸ビジネス・不動産テック

【賃貸のサブリース切り替えで月50戸の管理受託】

 
先日とある地方都市でアパート・マンションの全棟調査のお手伝いさせていただきました。
その会社様は市内の約1,500棟の物件を1件1件現地を見て回り、築年数や管理会社等を調べておりましたが

調査が進むうちに驚く事がわかりました。

商圏内約1,500棟のうち約6割の賃貸物件が「サブリース契約」での契約形態をとっており、いわゆる管理料5%での一般管理は全体4割程度でどちらかと言うと少数派でした。

社長が「ここ10年から15年で増えたと思っていたがここまでとは思わなかった・・・」
とおっしゃっていたのが非常に印象的でした!

■今回のコラムの参考セミナー■
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/seminar/046655_lp/

最近この「サブリース」というキーワードが賃貸管理業界で話題になりました。
”サブリース爆弾”なんて言う過激な報道もされたりしておりますが
一方で「サブリース契約」が悪だと言う報道が多いですがこれは間違いです。

「サブリース」はオーナー様にとっても収益を安定させる為には必要な手段の1つです。
問題はオーナー様が不利になり賃貸経営が儲からないといった、
”不利なサブリース契約になっていないか”という点です。

いつも本メルマガでも書いている通り、賃貸管理会社はオーナー様の収益(現金)が残る方法をオーナー様と考えられる事が重要です。

特に「サブリース」については真のキャッシュフローの状況を掴みづらい傾向にありますので、ご相談があった際は細かくお金の流れを見て行ってください。

■今回のコラムの参考セミナー■
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/seminar/046655_lp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪セミナーのご案内≫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【資産管理セミナー2019 ~秋~】
サブリース切り替えで月50戸の管理増!

【特別ゲスト講師】
株式会社フレンドホーム 代表取締役 鎌田康臣 氏

日程:2019年10月1日(火)東京(船井総合研究所 五反田オフィス)
時間:13:00~16:30(受付開始12:30~)

↓お申し込みはこちら↓
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/seminar/046655_lp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後の時代では
”オーナーの物件を管理する”賃貸管理会社から、
”オーナーの資産を管理する”資産管理会社へと昇華する必要があります。
是非、時流に乗っている会社さんのお話をお聞きしたい方はご参加ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。