船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM資産管理・会員制賃貸ビジネス・不動産テック

残業時間0でも生産性2,500万円!令和時代の最新・超高効率賃貸管理モデル

 
残業時間0でも生産性2,500万円!令和時代の最新・超高効率賃貸管理モデル
■■■■■■□□□□■■■■■■□□□□■■■■■■□□□□■■■■■
令和時代に求められる賃貸管理会社の「働き方改革」
全国から注目される「超高効率賃貸管理モデル」導入で、
長時間残業・高離職率だった会社も残業ゼロ・離職ゼロを実現!
それでも一人当たり年間粗利2,,500万円、年間管理戸数1,000戸増、入居率98%
営業利益2.2億円(社員一人当たり利益1,000万円)を実現した成功のポイント

https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/seminar/044833_lp/

■■■■■■□□□□■■■■■■□□□□■■■■■■□□□□■■■■■

令和元年となり、早くも1週間が経ちましたが、
今年は中小企業様の働き方も大幅な見直しが求められる元年となります。

そこで重要となるのは、残業時間を削減し、年休を確保しながらも、
高い生産性を確保できる働き方に「モデルチェンジ」できるかということ。

一部業務の改善(=マイナーチェンジ)ではなく、全業務の根本的な見直しが必要です。

今回、ご紹介する「超高効率賃貸管理モデル」では、
クレーム0、立ち合い0、督促0による対入居者業務のゼロ化を通し、
残業時間0でも高生産性の実現が可能な高収益賃貸管理会社への転換が実現可能です。

四国の超高収益体質企業・株式会社三福管理センター様の事例を通して、
超高効率賃貸管理モデル成功のポイントをご紹介します。

同社は、平均入居率70%台の愛媛県松山市で、入居率98%を8年連続で達成しています。
同社はクレーム0、立ち合い0、督促0を始めとする、“高効率賃貸管理モデル”を導入し、
僅か16名の従業員で管理戸数11,000戸を運営。
更にこの1年でオーナーが殺到し、管理1,000戸を増やした
現在粗利6.2億円、営業利益2.2億円の“超”高収益企業様です。

また、三福管理センター様の見どころはこの突出した業績だけではありません。
同社は高い収益性を担保すると同時に高水準の働き方改革も同時に実現しています。
以前は月平均45時間あった残業時間が0時間に、
19%もあった離職率が現在では0%になり社員が辞めない会社に変貌しました。

なぜ、三福管理センター様は、
これほど高収益を生む賃貸管理運営体制の確立と高水準の働き方を実現させることができたのか。

成功のポイントを少しだけご紹介すると...

(1)やめる業務を決め、集中できる体制を作る!
・何を最初にやめて、何に集中するか
・三福管理センター様が実施した、外注化、パート化、デジタル化、商品化、標準化とは?

(2)入居者・オーナーが満足でき、社内が効率的に動ける、誰でも売れる商品を作る!
・「誰でも売れる商品」を作る方法とは?
・入居者・オーナー満足できる商品とは?

(3)管理戸数に比例し新ストック収入の仕組みを作る!
・管理料以外のストック収入をどう増やすのか
・ストック収入が増えると社員が営業に専念できる!

(4)空室拡大・大競争時代の高入居率維持と、継続的な管理戸数の増やし方が重要!
・年々増えていく空室を埋め続けられる空室対策力の方法とは
・ブランディング戦略で管理を増やす!

(5)大採用難時代・・・ 社員さんが成長できる組織体制・待遇の環境をつくる!
・徹底した業務効率化と新たな売上UPの為の取組とは?

このような思いをお持ちの経営者様は是非今回のセミナーへご参加下さい。
・働き方改革に興味はあるが、何から手をつければいいか分からない
・社員が辞めない会社、高収益の会社を目指したい
・3年以内に地域一番を目指したい
・地域一番店ではあるが、生産性を上げ、さらに大きく成長させたい
・他とは違う“特別な価値”“ブランド”をつくりたい

今回のセミナーは、「高効率賃貸管理」と「最前線の働き方改革」を実現している成功企業として
ご紹介した、(株)三福管理センター 代表取締役 永井氏を直接ゲスト講師としてお迎えします。

【賃貸管理会社向け働き方改革セミナー2019】
・特別ゲスト講師:株式会社三福管理センター 代表取締役 永井俊昭氏
・日程:2019年5月22日(木)
・場所:船井総研 芝セミナープレイス
・時間:13:00~16:30 (受付12:30~)
↓お申し込みはこちら↓
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/seminar/044833_lp/