船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM収益不動産・マンスリー・駐車場

【短期賃貸需要は地方にこそ眠っている?! 5年間で検索量2倍のキーワード】


カテゴリ:
マンスリー事業

 
いつももラムをお読みいただきありがとうございます。
本日はマンスリー需要についての動向についてお伝えいたします。

先日、全国各地の賃貸管理会社様より
マンスリー市場に参入したいという話を伺う機会がありましたが
まず初めに全国の会社様よりご相談される内容として
「うちの商圏では市場があるのか?」
といったビジネスとして成り立つのかどうか
というところをほぼ100%聞かれます。

その背景としては、
マンスリー/ウィークリーサイトの大手ポータルサイトである
「グッドマンスリー」の掲載状況にあるのではないかと思います。

実際に各都道府県別掲載数を見ると
20,000件のうち東京都内で10,000件以上の掲載、
地方では掲載件数が無い都道府県もあります。

こうした状況から需要が無いのではないかと思われがちなマンスリー需要ですが、
Googleサービスの検索量においてはここ5年で
「マンスリーマンション」「ウィークリーマンション」の
キーワード検索量はおよそ2倍になっており、
都道府県別に区切ってみると

東京都:5年で1.3倍
大阪府:5年で1.1倍
福岡県:5年で1.6倍
と大都市圏にても伸びてはいるものの、

地方では
岩手県や三重県、岡山県などで検索数は3倍超、
そのほかの地域でも2倍ほど伸びているエリアがほとんどです。

このように市場に大手が物件化していないエリアであっても
マンスリーの需要というのはキーワードの検索量からみても明らかに増えており、
ブルーオーシャンな地域もまだ多く存在しているのかもしれません。

最後に
長野県・神奈川県にてマンスリー事業に参入して
運用200室を越えた賃貸管理会社様が
年間物件反響を安定的に獲得した事例と
運用のポイントをまとめましたのでご参照ください。
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/fhrc/pdf-toushi17.html

船井総研ではこのような全国での市場調査、戦略提案を行っております。
事業立ち上げをご検討の皆様は個別相談へお申し込みも可能です。

同じテーマで記事を探す: マンスリー事業