船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM資産管理・会員制賃貸ビジネス・不動産テック

「ライン活用による反響来店率40%の最新事例! 新入社員でも粗利2500万円を達成する秘密大公開セミナー」

 
反響来店率向上のポイント3つ!
1.返信スピードは30分以内
2.テンプレート文の活用
3.ライン誘導

\セミナーのご紹介/
★新入社員を即戦力化!儲かる賃貸仲介の秘密大公開セミナー★
Wゲスト講師:株式会社サンエイホーム様
専務取締役   新井 克明氏
トップ営業マン 小高 七海氏
↓↓申し込みは下記からお願いします↓↓
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/seminar/043728_lp/

いつもコラムをお読みいただきありがとうございます。
本日は『反響来店率40%の実現』について執筆させていただきます。

皆さま、賃貸仲介の売上の公式はご存知でしょうか。
売上=店舗来店数×成約率×単価になります。

例えば、来店数100人×成約率50%×単価10万円と考えますと
1店舗当たりの単月売上は500万円になります。
会社様によってそれぞれ強みや弱みがございます。
反響数が多い会社。反響来店率が低い会社。成約率が高い会社。
今回のメルマガでは、”反響来店率”についてお話します。

<反響来店率>

全国各地の不動産会社様にお伺いする中で、反響数は増加したが、反響来店率が低いとお悩みの会社が多く感じています。
2018年度の不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)の調査によると
お客様は、1人当たり平均5.1物件のお問い合わせをしています。
つまり自社の物件が、5物件の中から1物件に選ばれる必要があります。

反響来店率を上げるためには、3つの要素があります。

(1)返信スピード (2)返信内容 (3)ライン活用

数年前までは反響来店率向上において、
メール追客が非常に重要な要素でありましたが、現在はラインを活用した追客が大きな成果を出しております。

そもそもメールを開かない世代では、いくらメールで追客しても開封されないケースが多いです。
一方でラインはライフスタイルの一部となっているため、開封率が非常に高くなります。

そのため、追客においてはラインを活用することで返信率が高くなり、
来店率40%を実現することができます。

経営者の皆様は下記のような懸念事項はないでしょうか。
ライン誘導するための初回テンプレートはどのような文を記載すればよいのか?
ラインではセキュリティが不安ではないか?
ラインアカウントはいくつ用意すればよいのか?

詳しくは知りたい方は7月29日に開催予定の高生産仲介セミナーへご参加ください。
どのようなツールでヒアリングを行い、初回来店対応をしているのか。
こちらのセミナーでご案内致します。

\セミナーのご紹介/
★新入社員を即戦力化!儲かる賃貸仲介の秘密大公開セミナー★
Wゲスト講師:株式会社サンエイホーム様
専務取締役   新井 克明氏
トップ営業マン 小高 七海氏

↓↓申し込みは下記からお願いします↓↓
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/seminar/043728_lp/