船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM資産管理・会員制賃貸ビジネス・不動産テック

【空室対策で年間管理300戸増加、入居率96%を達成する方法 パート3】

いつもコラムをお読みいただきありがとうございます。
本日は賃貸管理業績アップについてお伝え致します。

賃貸管理において重要な空室対策の項目は下記の3点です。
(1)条件
(2)設備
(3)家賃

今回は(3)家賃についてお伝え致します。

家賃設定において重要な項目は
(1)相場家賃にする
(2)家賃振分けを行い、ネットで条件検索に表示させる
の2点です。

家賃交渉をする場合、
「とりあえず3,000円下げてください」というような
提案をオーナー様へする場合が多々ございますが、
目的は相場家賃にすることですので、
相場が10,000円低い場合は
一度に10,000円下げる交渉を行うことが重要です。

また、ネットでは基本的に5,000円区切りで家賃の下限、上限設定が可能です。
31,000円の家賃設定の場合、
ユーザーが30,000円の上限で検索すると、
検索一覧に表示されません。
この場合は家賃を30,000円、共益費を1,000円というかたちで
家賃の振り分けを行うことにより、
30,000円の家賃上限検索で検索一覧に表示されるようになります。

どちらの家賃設定もオーナー様へ交渉に行く際のポイントは
周辺競合物件情報を持参していくことです。
実際に資料をもってご訪問することで
情報の信憑性が増し、交渉が各段にやりやすくなります。

空室対策重要項目(1)条件と(2)設備については前回、前々回のコラムにて
お伝えさせていただいておりますので、ぜひご一読ください。

空室対策で年間管理300戸増加、入居率96%を達成する方法をさらに詳しく解説!
▼セミナー・資料請求の申込みはこちらのページから▼
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/seminar/044840_lp/