船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM資産管理・会員制賃貸ビジネス・不動産テック

成功事例紹介!【商圏内アパート管理シェア60%を超える賃貸管理会社】

今回ご紹介するのは石川県金沢市の のうか不動産様です。
同社は金沢市内に4店舗をもつ、不動産仲介・管理業を営む不動産会社で、金沢大学をはじめとする市内8校の学生と学校近隣の物件オーナーにターゲットを絞ってサービスを展開しています。

【のうか不動産様の実績】
1.金沢大学生の下宿生8,000のうち約4,000人が同社の管理物件に居住している
2.年間総来店数約4,000件、1日最高158契約(日本一クラス)
3.管理戸数約9,000戸(さらに直近1年で1,000戸以上の増)
4.アパートオーナーからの管理依頼が殺到!(管理依頼が3ヵ月待ちになったこともある)
5.平均入居率75.5%の金沢市内で95%越えを実現

===========================================================
のうか不動産様のさらなる具体的な内容や成功の秘訣
についての詳細は下記URLよりご覧ください▼
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/chintai/seminar/052194_lp
===========================================================

【のうか不動産様の取り組みの一部をご紹介】
のうか不動産の最大の特徴は、不動産仲介・管理業では、一般的に「オーナーファースト」で進めるのに対し、「入居者ファースト」に視点を変えてサービスを展開していることです。

同社が理念とする「マメな」サービスの提供と宣伝広告を推し進めるために専任者を置き、入居者となる学生の心をキャッチするためにいくつかの遊び心のある取り組みを展開しています。
ロゴマークのマメのデザインをあしらった学校までの入居者専用無料送迎『マメバス』、数々の入居者特典が受けられる『マメックスカード』、入居者専門『ビーンズカフェ』等、学生入居者に感動を与え、金沢大学内にサービスカウンターを設置するまでに至っています。これらの取り組みで入居率を上げることで物件価値をも上げ、貸主・オーナーが管理を頼みたくなる好循環を生んでいます。

その取り組みの背景にある考え方、その具現化の内容について、
代表取締役の苗加社長にお話を聴きました。

********************************
(以下、インタビュー形式です)
【船井総研(以下、船井)】
のうか不動産さんは、商圏内での賃貸管理物件シェアが60%を超えていらっしゃり、しかもここ数年、管理物件が500~600戸ずつ増加していて、現在は8,400戸を突破されました。
もはや順風満帆な経営でいらっしゃる印象ですが、
どうしてそんなことが可能なのでしょうか?

【苗加社長(以下、苗加)】
全然順風満帆なんかではないですし笑、
まだまだ本当に課題ばかりで不安も多いのが本音です。
ただ、いつも大事にしていることは
「競争に勝ち残るためには一番でないといけない」ということです。
ですから、私が自社の賃貸事業を担うようになって最初にやったことは
一番になれるエリア、一番になれる商品を決めるということでした。
それからずっと、当社が立地する金沢市東部の人口5万人のエリアを
「商圏」と決めて、さらに万人向けのサービス提供ではなく、
「管理物件入居者に限定」してサービス展開するようにしてきました。

【船井】
自社の一番大事なお客さんが誰で、何を提供するのかを決めることはマーケティングで一番重要なことで、真っ先に確認するべきことですね!
それで、実際にどんな取り組みをされているのでしょうか?

【苗加】
当社が商売をしているエリアは金沢大学の近くであることから入居者に学生さんが多く、必然的に金沢大学生を対象としたサービスが多くなっています。
まずは「マメバス」ですね。
これは当社の管理物件が多く集まっているエリアに8箇所のバス停を設置して2台のバスを1日16本の運行スケジュールで周回させています。
次は「ビーンズ」ことマメカフェです。これも入居者さん限定で自由に使ってもらおうと思ってオープンさせました。入居者さんには「マメックスカード」という会員カードを発行していますので、カフェでそれを見せていただければ安価でメニューを注文できます。
ほかには「入居者向けのイベント」とか、毎年刷新する「部屋探しガイドブック」とか、いろいろ楽しみながらマメにコツコツをやっています。笑

【船井】
のうか不動産さんの賃貸管理物件は「会員限定サービスがついてくる物件」ということですね!そういうサービスを考えたり実践したりする社員さんも楽しそうで、皆さん活き活きと仕事していらっしゃいますよね。そういえば、御社で展開されている「看板広告」も印象的です。

【苗加】
そうですね。看板広告はかなり真剣ですが楽しんでやっています。
インターネット全盛の時代ですが、店舗自体での広告や街中の看板広告を強化することで、来店の8割は「看板⇒自社WEBサイト⇒来店」という流れで、物件ポータルサイトに頼らなくても店舗にお越しいただくことができるようになっています。
私は「インターネット広告は麻薬」だと思っていまして、一度始めたら怖くて止められなくなると考えていますので、今後もできる限り独自の広告宣伝にこだわっていきたいですね。

【船井】
インターネット広告をほとんどかけていないのに集客に困らない状況というのは今の時代にあって本当に驚きで、「脱ポータル」を文字通りに実現されているお手本ですし、多くの会社が理想とされるモデルだと思います。
********************************

いかがでしょうか?
自社のサービスを「エリア限定」「入居者限定」にすることで、
逆に「ファン客」がお店に殺到し、管理物件数の拡大を後押ししている。
この「会員制賃貸ビジネスモデル」とでもいうべき仕組みは、
インターネットの時流がポータルサイトからSNSへと変化している
なかで、まさに「最新」の成功事例だと言えるでしょう。

しかし のうか不動産さまも、このビジネスモデルに到達するまでには、
不安と挑戦の連続だったそうです。
===============================================
のうか不動産様のさらなる具体的な取組み内容や成功の秘訣
についての詳細は下記URLよりご覧ください▼
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/chintai/seminar/052194_lp
===============================================

そして
この度のうか不動産様に
特別講演を実施していただくこととなりました!
是非この機会にのうか不動産様の
取組みを聴いてみてください!

▼圧倒的!管理戸数拡大セミナー2019_秋の陣セミナー▼
11月11日(月) 開催
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/chintai/seminar/052194_lp/

▼圧倒的!管理拡大セミナー申込みはこちら▼
https://member.funaisoken.co.jp/seminars/a2m100000099nUK/sign_in?media=&seminar=052194