電話番号

0120-958-270
平日 9:45-17:30

無料相談 マイページ
明日のグレートカンパニーを創る Funai Soken
M&A

コラムCOLUMN

社員1名で1000戸を管理する「ワンオペ管理モデル」大成功事例のご紹介


カテゴリ:
コンサルティングコラム
不動産 媒介取得

 
突然ですが、今の管理運営体制が過剰人員・低生産性となっていませんか?
現在の社員数で管理戸数を割った時、1名当たりの管理戸数は何戸ですか?

平成初期の頃、1名当たりの管理戸数は300戸前後が主流でした。
それが人手不足・採用難の平成中期~後期に入り、1名当たり600~700戸を運営できる体制作りが主流となってきました。
そして令和に入り、ついに1名当たり1000戸を管理する体制作りが主流になりつつあります。

1名当たり600~700戸の体制であっても、平均以上の生産性を生み出すことは可能です。
しかし、それでは管理拡大にまで人と時間を十分に割けていないのが実情ではないでしょうか。
管理を増やせる「攻めの体制作り」のためには、1名で1000戸まで運営できる体制作りが必要になってきます。

今回は、大激戦エリアの東京都渋谷区で「ワンオペ管理モデル」を実践し、
社員を増やさずに僅か2年で700戸の管理獲得に成功した株式会社ファストリー様の事例をご紹介します。

 

ワンオペ管理モデル構築のポイント3つ

ワンオペ管理モデル構築のためのポイント以下の3つです。

①外注(BPO)活用
②パート活用
③デジタルシフト(IT活用)

賃貸管理業に特化したBPOやIT領域がますます進歩する中で、
それらの情報を十分にキャッチアップし、活用できていますでしょうか?

また、上記の3つを十分に活用し、社員が「やらない業務」を十分に作れているでしょうか?

令和の最新事例企業は、それらを十二分にに活用することによって、
僅か2年でワンオペ管理モデルを構築し、管理戸数が倍増する仕組み作りに成功しました。

今回はこれらの取り組みを皆様に知って頂きたく、
リアル・オンラインの両方でセミナーを実施いたします。

是非、これからの事業戦略・管理組織体制を考える参考にしてください。

超高効率・ワンオペ管理モデルセミナー

 

―日時―
来場開催(東京):11月1日(火) 13:00~16:00
オンライン開催:11月17日(木)・22日(火)・12月2日(金) 13:00~16:00

―特別ゲスト講座・講師―
【特別ゲスト講座①】「社員を増やさずに」僅か2年で管理700戸を増やし運営する仕組み作り
株式会社FASTORY 代表取締役 塚本 啓太 氏

【特別ゲスト講座②】ワンオペ管理モデルを実現する正しいBPO活用方法
株式会社OH YEAH 代表取締役 新元 翔大 氏

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

セミナー詳細・申込はこちらから

同じテーマで記事を探す:
この記事を書いたコンサルタント

納富 清悟

「夢と誇りのもてる不動産仲介・管理会社づくり」をビジョンに、業界に特化した高付加価値を提供する組織づくり・自立型社員を育てる環境づくりと、時流に合ったマーケテイングに関する専門的なコンサルティングを展開し、企業の業績向上を支援。綿密なデータ分析に基づいた戦略の策定から、現場レベルにまで落とし込む支援スタイルは、クライアントから高い評価を得ている。

投稿記事一覧へ
メルマガ登録 財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード