船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM塗装・塗り替え
ビジネス

『重要!2019年に業績を上げるための対策』

塗装メルマガ読者の皆様

こんにちは!
いつも塗装メルマガをお読みいただきまして誠にありがとうございます!

▼2019年、売上も利益も出す仕組みを作りたい経営者様はこちら

皆様、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ、宜しくお願い致します。
今年は、塗装業界専門のコンサル部隊としてさらに皆様の業績を上げていければと思いますので、宜しくお願い致します。

さて、2018年は台風や大雨の影響により、特に屋根の補修や葺き替えの需要が多かったと思います。
業界の問題を解決するのも、外壁や屋根の塗装を手掛ける会社の使命だと思うので、ぜひとも屋根の強化はして頂きたいです。
それでは、今回は2019年に業績を上げるための対策というテーマで書かせて頂きます。

<<2019年に業績を上げるための対策として>>

【1屋根商品強化】
・金属サイディング(カバー、葺き替え)
・塗装職人でもできる金属屋根材(スマートメタル)
・材工1万~1.2万円(80㎡)

【2消化力アップ※班×1.5棟~2棟消化】
・板金業者開拓⇒最低2班
・塗装職人開拓⇒最低10班~15班
・塗装職人多能工化⇒最低1班
・外国人採用

【3認知度アップ】
・ショールーム出店
・野立看板数
・WEB×チラシ×イベント開催数

【4単価アップ】
・高単価塗装商品⇒平均客単価120万以上のラインナップ(180万まで商品化)
・価格客の分析、絞り込み
・価値提案営業

【5生産性アップ】
・訪問なし概算積算
・ドローン診断
・パート活用積算
・各オペレーション専任・分業化

特に、屋根商品強化と生産性アップ(専任・分業化)は特に取り組んでいただきたい項目になります。

2018年を振り返ると、業績の上がっている会社は案件数に対して、早く消化できた会社です。
営業マン数・施工班数もさらうことながら、業務的な部分で専任・分業化ができている会社です。
台風や大雨がきても対応できること、更に2019年は消費税アップも控えているためかけこみ需要に対応できることが大きく業績を伸ばすポイントになります。

メルマガ読者皆様の2019年。
素晴らしいスタートを切ることができるよう心から祈念しております。

2019年、売上も大事ですが利益を出す仕組みを作りたい経営者様はこちら