船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM塗装・塗り替え
ビジネス

✨売上22億円の塗装経営者が語る]2024年の特長2つ

成功事例板ビュー
//お知らせ//

待望の誠進堂セミナー開催!
===
~塗装事業を7年で22億円を達成した
新進気鋭の経営者が語る ~
案件数最大化経営の実践法
===
↓↓↓
今すぐ座席を確保する (リンク)
※各会場40者までの枠となります

今後、どの様に業界が変化していくのでしょうか?

人口減少・原価高騰など
一般的な予測は誰もが知っています。

ですが、多くの人に見落とされていて
その中でも特に重要なものを
今日は2つご紹介します。

それを教えてくれるのは

~塗装事業を7年で22億円を達成した
新進気鋭の経営者~
松村 洋平 氏

彼は、、、

設立わずか7年にして塗装事業で
売上22億円を達成
今期に至っては28億円の売上達成を見込む

という、、、
業界内でも驚くべき成長率を見せる企業なのですが

そんな人物が、今後塗装業界がどのようになっていくのか
2つの特徴について教えてくれました。

あなたの会社は実践できていますでしょうか?
では順番にみていきましょう…

❶高い商品力を持つ企業が生き残る時代

塗装工事における商品力とは
工事を行う職人の数・質・定着である。

当たり前ですが、良い工事をすることは
職人だけではなく、営業も含めて
チームの士気を大きく上げることに寄与します

さらに、企業の透明性が
より求められる中で、
その重要性はさらに高まっています。

商品力は、従業員や顧客が
自社の工事に対して誇りを持ちファンとなるための
必要不可欠な差別化なのです。

❷デジタルを用いた育成・管理が必要不可欠に

塗装業界は拡大か縮小の選択を迫られています。

特に、企業が成長する過程では、
かつて少人数で質の高い成果を上げることができた方法が
通用しなくなることがあります。

これは、大きく筋肉をつけるために
一時的に脂肪をつける必要があるという例えと似ています。

企業が大きく成長するためには、
たとえ一時的に脂肪をつけることになっても、
それでも持続して走り続ける能力が求められます。

そして、その強靭な筋肉づくりに不可欠なのが、
デジタル技術を活用した育成・管理です。

デジタルにより、常に漏れなく
従業員のパフォーマンスを確認し、
エラーが発生する前に育成が出来るようにする

そのようなデジタル活用が業界では必要である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
✅ お申し込みはこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪・東京で開催、各座席は50社様までです🙇‍♀️
今すぐお申し込みいただき、塗装業界での成功への一歩を踏み出しましょう。

誠進堂:案件数最大化経営 (リンク)

疑問点やご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。

✨売上22億円の塗装経営者が語る]2024年の特長2つ

セミナー詳細・申込はこちらから

メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード