船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM塗装・塗り替え
ビジネス

コロナ渦でもチラシ集客を落とさない!屋根リフォームチラシを配布し続けるポイント。

 
こんにちは!
船井総合研究所 屋根リフォームチームの石川です。
本日も元請け屋根ビジネスに関するレポートをお届けできればと思います。
コロナウイルス感染が再度拡がっており、第2波到来への心配は尽きないかと思います。
そういった景気の先行きが不意透明な中で、勝ち抜いていくためには戦略的な集客を行わなくてはなりません。
正直にお話をすると屋根リフォームチラシの反響率は全国の多くの会社様で軒並み低下しています。しかし、コロナ渦でもチラシ集客を緩めることなく、むしろいつも以上に力を入れてしっかりと集客をされた会社様がいらっしゃいます。
そこで本日はコロナ渦でもチラシ集客を行わなくてはならない理由をお伝えさせていただきます。

多くの屋根工事会社の経営者様からこのようなお声をいただきます。
・チラシはコストパフォーマンスが悪い
・チラシの効果的な配布方法が分からない
・WEBでの集客で十分
・チラシを配布しているが認知が広がってるのか分からない

このような悩みからチラシの配布をやめてしまう方や、戦略的・計画的に配布するのではなく気分で配布をまばらに行っている方が多くいらっしゃいます。
しかし、屋根リフォームチラシ配布の効果は戦略的なチラシ配布を継続して行うことで徐々に表れ始めます。その結果、反響率が改善しチラシ集客がしっかりと行える形に繋がってきます。
集客数の最大化を図るうえで屋根リフォームチラシは定番販促として計画的に継続して配布し続けることが重要なのです。

ここからは「屋根リフォームチラシを定期的に配布する効果」に関しましてお話させていただきます。

①認知度アップ
屋根リフォームチラシを定期配布することによって商圏内での会社認知度が上がっていきます。そして、認知度が上がり会社の名前や存在を知ってもらえていることは会社への安心感に繋がります。
屋根リフォームに少しでも興味があるお客様は定期配布の屋根リフォームチラシを収集し、保管しています。
そして、季節や劣化が気になった際、自然災害での損傷があった際、近隣の方が工事をしたなどのきっかけで問い合わせをされます。
定番販促で認知度を上げ続けることで、お客様がいざ塗装工事を依頼しようと考えたときに自社が第一候補に挙がり問い合わせいただけるのです。

②WEBやショールームとの複合集客の最大化
検索されて初めて表示されるWEB検索広告とは違い、定期的に配布する屋根リフォームチラシはニーズが潜在化しているお客様への掘り起こし効果もあります。
チラシを見る⇒WEB検索でHPを見る⇒ショールームに来店頂く
WEBで検索をしていてチラシが入ったタイミングで問い合わせ等、逆のパターンもしかりですが、チラシ×WEB×ショールームの複合集客でお客様との接触頻度を上げることが集客最大化のポイントです。その為にチラシも有効な販促媒体として定期的に配布を行う必要があります。

実際に船井総研のお付き合い先の事例をご紹介させていただきますと、反響率が1件/32,000枚だった会社様が毎月2回まき、3回まきを続けることで1件/9,000枚まで改善した例や、定期配布を1年間繰り返し行った結果、その後チラシ配布を控えても過去のチラシから毎月問い合わせがあるといった事例があります。
このように屋根リフォームチラシは定期的に販促を行い続けることが重要です。

皆様もこの機会に集客数の最大を図るために計画的な屋根リフォームチラシの定期配布を考えてみてください。

最後までご拝読いただきありがとうございました。

また、本メルマガ読者様限定で屋根ビジネスモデルの業績アップレポートを無料で提供しております。
本資料は無料となっておりますので、
皆さまの経営にお役立ていただければと思います。
次回金曜の屋根ビジネスコンサルティングレポートもお楽しみに!

メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード