船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM収益不動産・マンスリー・駐車場

≪不動産投資家の集客にお悩みの経営者様へ≫なぜ集客が上手くいかないのか?

 
「毎月広告費をかけているのに、反響が減ってきている」
「広告費が毎月経営を圧迫してきている」

そのようなお悩みを抱えている経営者様は多いのではないでしょうか。

一般的に中小企業の会社様では、集客目標に対して必要な広告費をかけられていないことがほとんどです。
しかし、かといって、広告費を増やしても反響が増えないケースも多々あります。

それはなぜなのか?

本日は、集客をする際に必要なロジックをご紹介させていただきます。

集客が上手くいっていない会社様のポイントとして下記があります。

1.商品が複数あり、何を提案するのか定まっていない

商品が複数ある場合、どの商品にも満遍なく費用をかけることになります。
当然、一つ一つの商品にかけられる広告費は少なくなるため、結果もそれなりの結果になるでしょう。

一方、自社の強みを出す商品を一つに絞ると、その商品に多額の広告費をかけられるようになります。
例えば、商品を新築アパート販売に絞り込むと、その商品のみに必要な広告費を投入できます。
大々的に宣伝ができるようになり、狭属性一番化することが可能になります。

どれも中途半端な集客にならないよう、
まず最初に商品を絞り込むことが重要です。

2.顧客となる投資家のターゲットが定まっていない

商品が定まっていないと、アプローチすべきターゲットも幅広くなりがちです。
ターゲットがバラバラだと、広告内容や効果の出る媒体にズレが生じ、
結果に結びつきにくくなります。

地主の方にアプローチするのか、サラリーマン投資家にアプローチするのかで効果的な集客方法は変わってきます。

商品を定め、販売するターゲットを絞り込むことが集客を行う際に重要なロジックになります。

3.商品を「新築アパート」に絞り込み、「年収1000万円以上の投資家」に販売して成功した事例

上記のロジックをもとに、商品とターゲットを明確に絞り込み、
月間100件の集客に成功していらっしゃる会社様が横濱コーポレーション株式会社様です。

横濱コーポレーション様では、新築アパート販売事業を開始後、売上10憶円から30憶円に大きく業績を伸ばされました。

新築アパート販売事業に参入後、その集客に広告費を集中させています。

商品を新築アパートに絞り込んだことで、立地や利回りのよい商品を販売できるようになり、
『投資家に選ばれる理由』に繋がりました。
また、複数チャネルを使いながら新築アパートに絞って告知ができるようになり、
月間100件以上の投資家から集客できました。

その他、より詳しく具体的な集客手法のお話を聞きたい方は、こちらのセミナーにご参加ください。
横濱コーポレーション株式会社の菅沼社長にご登壇いただき、
具体的な集客手法についてお話いただきます!

■■■■■■□□□□■■■■■■□□□□■■■■■■□□□□■■■■■□□□□■
新規参入でも投資家反響月間100件獲得!
融資逆境時代でも新築アパート年間35棟販売!
新築アパート販売ビジネスセミナー2019

日時:7月29日(月)13:00~16:30
場所:(株)船井総合研究所 五反田オフィス

▼セミナーの詳細・お申込はこちら
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/seminar/044832_lp/

■■■■■■□□□□■■■■■■□□□□■■■■■■□□□□■■■■■□□□□■

次なる一手の参考にぜひご参加ください。
皆様のお申込をお待ちしております!