船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM塗装・塗り替え
ビジネス

2019年5月15日

塗装ビジネス研究会2019年5月例会

2019年5月15日



皆様、こんにちは!

塗装ビジネス研究会の一宮です。
2019年5月度の塗装ビジネス研究会の様子をお送り致します。

AM講座では、競合対策戦略~船井流競争法~をお伝えし、本講座では、塗装会社ができる1件単価200万円×年間80件受注戦略を具体的にお伝えしました。

さて、AM講座、本講座の概略を以下に御まとめ致しました。

競合対策戦略~船井流競争法~

AM講座では弊社、久山より「競合対策戦略~船井流競争法~」と題しましてお話をさせていただきました。
①競合対策ができていない会社の特徴
②勝者のための必須法則
③1番店における戦略的差別化・戦術的差別化
④2番店以下の戦略的差別化・戦術的差別化
上記のこと分析し自社のポジションを確認し対策を行うことが重要というような講座をさせていただきました。

塗装会社ができる!1件単価200万円×年間80件受注戦略

第一講座では、弊社田坂、山中より「塗装会社ができる1件単価200万円×年間80件受注戦略」と題しまして、平均単価アップの具体的手法についてお話させていただきました。

平均単価を上げるためには屋根カバーを付加したご提案をお客様にすることが重要となって来ます

具体的にお客様にご提案する際には
①予算帯理論に基づいた価格をつける
②お客様に分かりやすい商品表を作成する
③ガイドブックを作成してご提案する

屋根カバーのお客様を集めえるためには
①屋根工事を大きく打ち出したチラシ
②屋根専門WEBサイトを立ち上げる

                                   
以上が平均単価を上げるた屋根カバーを付加するための集客手法、営業手法ご紹介させていただきました。 

特別ゲスト講座

第二講座では、ゲスト講座として株式会社住泰の千葉様にご登壇いただきました。

とにかくビジネスを成功するために仕組みづくりに最も力を入れられました。

①集客の仕組みづくり
②セールスの仕組みづくり
③高単価商品の仕組みづくり
④会社力を強める(社内制度)づくり

上記4点の仕組みづくりを徹底することで業績アップを目指すとともに栃木で1番愛される会社を目指されているとのことでした。

ワーク&ディスカッション

講座の後は、会員の皆様でワーク&ディスカッションを行いました。
各社全国各地でそれぞれ取り組まれているので、自社にできている部分、できていない部分について先進的な事例などもお聞きできたようです。
全国各地から地域一番店を目指す企業様が集まっているからこそできる取り組みだと思います。
【目的・実施内容】
①自社で平均単価アップのために取り組んでいること
②現状を踏まえて、課題を抽出し会員様で共有しこれからの取り組みを発表していただきました。