船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM塗装・塗り替え
ビジネス

反響の来るホームページのポイント

 
こんにちは!
船井総合研究所 塗装チームの山本です。

広告を多額かけていて自然検索でも1位なのに、
反響が少ないあるいは一件当たりの反響コストが高すぎるといったような事例もいくつか聞くようになってきました。
ホームページは、自然検索や広告などで多くの人から見られないともちろん反響につながりませんが、
ホームページの質によっても反響数が大きく変化します。

今までのコラムでは見られるための取り組みとして、
SEO対策やリスティング運用についても述べさせていただきましたが、
今回はホームページの質の部分について説明させていただきます。

では、反響が来やすいホームページのポイントとは何なのでしょうか?

ポイントは、大きく分けて三つあります。

1. ホームページのゴールを決めているのかどうか
まず、ゴールを決めてしまわないと、全体像が決まりません。WEBからの反響といっても、様々な種類のものがあります。
例えば電話での問い合わせや診断依頼、来店予約、資料請求などホームページによってあるものないものあると思いますが、
まずどういう反響をそのホームページで獲得しにいきたいのかは事前に決めてからホームページ作りをしていくことが望ましいです。

例えば、最もシンプルな形だと電話、問合せメール、来店予約の3種類をゴールに設定して、設定した
ゴールに対してフォームやページを作ります。

2. お客様が問合せしたいときにすぐに問い合わせができるかどうか
今度は1つ目のポイントで設定したゴールへのアクセス性です。
お客様が問合せしたいと思った時に、どこから問い合わせするのか探さないと問合せできない状態ですと、
なかなか反響にはつながりません。

例えば、施工事例ページや会社案内ページ、選ばれる理由ページ等魅力的なページを作っていたとしても、
最終的なゴールまでの道筋が整備されていなければ、
お客様がホームページの中で迷ってしまい、せっかくお客様が問合せしたいと思っていても問合せできずに
帰ってしまうといった状態になってしまいかねません。
ですので、直ぐに問合せができる様に、
1つ目のポイントで決めたゴールに応じてフローティングバナーと呼ばれる常に表示されるバナーを設置したり、
それぞれのページの終わりにフォームを設置しておきましょう。ここもできるだけシンプルに誘導するようにするのが効果的です。

3. 問い合わせに至りやすいページに誘導できているかどうか
ホームページには必ず問合せに至りやすいページというものがあります。
例えば、施工事例ページを定期的に充実した内容で更新していれば、お客様もイメージがわきやすく、問い合わせに至りやすいです。
その他、会社案内ページや塗装メニューページなどを見ているお客様も問合せしてやすい傾向にあります。

まずは、そういったページあるのかどうか、なければ作りましょう。
また、このように反響の来やすいページに、そもそもお客様を誘導できているのかというのが、
問い合わせに至るまでの過程で重要になってきます。
基本的には、まずお客様はTOPページから見始める人がほとんどなので、
TOPページから問い合わせに至りやすいページに誘導できているのか、
そして2番目のポイントでもお伝えさせていただいたように、その後、問い合わせしやすい状況にしておく必要があります。
このように入ってきた人が自然とこちらが望んでいるゴールに誘導していくホームページの内容が
問合せの来やすいホームページのポイントになります。

ホームページは見られているけど、反響が来ていないといった時によくありがちなことは、
どこかで道が途切れて、道が複雑化してしまい、お客様が迷子になってしまっていることです。
リスティング広告でお金を多くかけていたり、
自然検索で「外壁塗装+地域名」で一位表示されているのに反響が全く来ないといったような場合は、
自分がお客様の気持ちになった時にこちらが意図しているゴールに自然と誘導される
ホームページになっているかどうか確認してみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

WEB集客以外にも、塗装事業の経営に関する最新資料を
下記URLから無料ダウンロードできますので是非貴社の経営にご活用ください。
https://fhrc.funaisoken.co.jp/tosou/download

来週火曜日もお楽しみに!