船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM塗装・塗り替え
ビジネス

全国の屋根営業担当を分析!売れ続ける理由とは?

 
屋根ビジネスコンサルティングレポートをご覧の皆さま。
こんにちは!
船井総合研究所の久保です。

台風のシーズンを迎え、これからいよいよ集客が集中してくる時期かと思います。
そこで、本日は全国の屋根営業を分析し、なぜ高単価・高契約率で早期から売れるようになっているのか、を解説して参帯と思います。

 

全国の屋根営業担当を分析!売れ続ける理由とは?

 
『業績アップをしたい』
『営業マンを早期育成したい』
『売れ続ける営業マンになりたい』
突然ですが、このようなお悩みの経営者様は多いのではないかと思います。

屋根工事事業を進めるにあたり
営業マンの成約率や早期育成は
避けては通れないものかと思います。

営業マンが成果を上げるためには当然、営業力が必要になります。
ではここでいう営業力とは何でしょうか。
営業力とは分解すると下記の公式になります。

営業力 = 知識 × ツール × スキル

つまり、営業力を付けるためには

知識を増やし、ツールを整えて使用し、スキルを身に着ける

必要があります。

 

今日からできる営業力アップ手法とは

 
知識とは、座学や研修を通して身につけられる営業の基礎知識であり、ツールとは帳票など誰でも使用する事ができる道具のことです。
そして、スキルとは練習量や経験で身に着く営業技術のことを指します。

知識やツールはすぐに整備することができますが、スキルについてはある程度時間がないと身につけることができないと思っている方も多いと思います。

この、スキルを最短で身につける方法は、「売れている営業マンを徹底的に真似」をすることです。

例えば、栃木県のS社I様は5種類の見積を提出する事と屋根専門ショールームで見積提出を徹底しております。
こうすることで低単価の屋根プランから高単価の屋根プランまでご提案ができ、屋根専門ショールームで
高単価の屋根がいかに優れているかという資料やツール、屋根材の実物等を展示することで高単価の受注をされています。
その結果、S様の営業では平均単価が約180万円となっており、一人で年間売上1.5億円を記録されております。

このように、売れている営業マンの手法を自社の営業マンに真似をしてもらう事で最短でスキルを身につけ、業績アップをすることができます。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
本日は売れる営業のノウハウを因数分解し、その育成方法についてお伝えさせていただきました。

ぜひもっと詳しく知りたいという方は屋根ビジネスについて詳しく知ることができる資料を作成しておりますので、ぜひお読みいただければと思います。

それではまた、次回のメルマガでお会いしましょう。
次回もお楽しみに。

メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード