船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM塗装・塗り替え
ビジネス

【アナログ集客×デジタル集客】人口動態に合わせた集客戦略

 
屋根ビジネスコンサルティングレポートをご覧の皆さま、
こんにちは!
船井総研屋根ビジネスチームの久保です。

チラシとWEBだと全国的にWEBの方が費用対効果が高いのであれば
WEBに費用をかけた方が効率的ではないでしょうか?

先日、とある経営者様からそういったご意見をいただきました。

本日は、アナログとデジタル
それぞれの販促媒体の特性と
その商圏の人口動態に合わせた集客戦略について
お伝えしていきたいと思います。

アナログ集客とデジタル集客どちらがいいか、
これを考えるときに、最も重要なことは
その商圏における人口動態です。

理由は、年齢によって情報を取得する媒体が異なるからです。

例えば、1回目メンテナンス層である40~50歳の客層は
WEBからの集客構成比率が高まる傾向にあります。
今でいう40~50歳の層は、
団塊Jr世代であり、
人口動態を見てもボリュームの多い層になってきます。
そのため、今後はよりWEBの構成比率を上げて
集客していく必要があると予測されています。

一方、2回目~3回目メンテナンス層である60~70歳の客層は
新聞や地域紙への折込チラシなどの
アナログ媒体での集客が期待できます。

こういった形で
その商圏の人口動態を分析することにより
どの媒体での販促が有効なのかを考慮し、
集客戦略を策定しくことが重要です。

いかがでしたでしょうか?

本日は、アナログとデジタル
それぞれの販促媒体の特性と強みを活かした
集客戦略についてお伝えさせていただきました。。

本日の内容を読んで、
「具体的な集客手法を知りたい」
「屋根の元請けモデルについて詳しく知りたい」
「BtoCってどう参入したらいいの・・・?」
「成功している事例ってあるの?」
「集客ってどうやって集めるの?」
といったご不明点・ご要望がございましたら

船井総研 屋根ビジネスチームではそういった屋根工事業者様のお悩みを解決すべく、
経営者様限定の無料経営相談を実施しております。

「BtoCで元請け屋根工事の売上を伸ばしている全国の最新事例」
「Googleの最新アルゴリズムに対応したWEBマーケティング手法」
「業界未経験者でも6か月以内に月間600万売れるようになる育成スキーム・15種類の営業ツール」

など、様々な経営のお悩みに対応できる体制を取っております。

上記以外にも、経営に対するざっくばらんなお悩み・ご相談承っております。
ぜひ、このご機会にご相談頂ければと思います。

それでは!また来週の金曜日に!

メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード