船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM塗装・塗り替え
ビジネス

【塗装DX】ゼロから始めるDX~まず取り組むべきこととは~

こんにちは。船井総合研究所の久保です。

いつも塗装ビジネスメルマガを
ご拝読いただきまして誠にありがとうございます!

本日は「ゼロから始めるDX~まず取り組むべきこととは~」というテーマでお話させていただきます。
最近DX(デジタルトランスフォーメーション)について
ご相談をいただくことも多くなりましたが
本メルマガをお読みの皆様の中にも
DXってそもそも何?
デジタル化と何が違うの?
まず何から始めればいいの?
といったご不明点を持たれる方も少なくないのではないでしょうか。

本日はデジタルに明るくない方にも
これさえ読めばまず何から取り組んでいくべきか、
がわかる内容となっております。

DXとは、デジタルを通じて
企業文化やビジネスモデルを変革することです。

しかし、企業がDXに取り組む際
いきなり企業文化やビジネスモデルを
デジタルツールを取り入れ
よりよく向上させていくといっても
多くの場合、難しいと思います。

また、正しいプロセスを踏まなければ
デジタルツールの導入による急激な環境の変化により
現場が混乱することもしばしば見られます。

そのため、船井総研ではDXに取り組むまでのプロセスを
次の3つのステップに分けてご提案しています。
その3つのステップが
①デジタイゼーション(デジタル化)
②デジタライゼーション
③デジタルトランスフォーメーション(DX)
です。


まず取り組んでいただきたいのが
デジタイゼーションになります。
これがDXの第一歩です。

デジタイゼーションとは、
業務をアナログからデジタルへ置き換えることです。

例を挙げると
「顧客管理をこれまでEXCELで管理をしていたが
クラウド型の顧客管理システムに変えていく」
「施工管理業務をこれまでFAX・電話で行っていたが
施工管理システムを導入する」
「積算をこれまで手計算でしていたが
積算システムを導入し自動化する」
などさまざまあります。

こういったアナログ業務をデジタル化することにより
通常の業務を進めていくだけで
業務データがシステムに蓄積される状態を作ることができます。

ただ注意しないといけないことは、
デジタイゼーションをするだけでは、
既存のアナログ業務がデジタルに置き換わるだけで
大きな成果には繋がりません。

デジタル活用の恩恵を最大化させるためには
そのデータの活用が最も重要となります。

その蓄積されたデータを活用すること
ステップ2のデジタライゼーションになります。
ステップ1のデジタイゼーションでデータ化した
あらゆる指標をもとにより早く、より精度の高い
経営判断につなげることで
業績アップを達成することができるのです。

いかがでしたでしょうか?

本日はDXを推進するための最初のステップをご紹介させていただきました。本日の内容を自社のDXにお役立ていただけますと幸いです。また、本日ご紹介したDXや船井ファストシステムについての詳細わかるダウンロードレポート並びに詳細ページをご用意しております。そちらも合わせてご確認ください。

【DLレポート】

【詳細ページ】https://fhrc.funaisoken.co.jp/tosou/gaiso-dx

<告知>

6月には公共系塗装会社様向けのセミナーを開催いたします。

時流のこと~塗装業界の歴史、状況~今の最新ビジネスモデルの話~成功事例のゲスト講和など、
一気通貫した情報が聞き理解できるこの機会にぜひ一度ご参加されることをおススメいたします。

 

 

それでは、次回もお楽しみに!

メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード