無料経営相談 資料ダウンロード

【オンライン視察に特別無料ご招待】大好評を頂いたさくらホームグループ様のセミナーのご案内です

不動産 媒介取得

 
いつも不動産業績アップメルマガをお読みいただきありがとうございます。

本日は、平均残業時間5時間で年商150億円、社員1人当たり1億円、15期連続最高増益を実現されている【石川県金沢市のさくらホーム社の無料オンライン視察】のご案内です。

人材不足の時代において「生産性の向上」をキーワードに「DX」に取り組まれている企業様、もしくは取り組む必要があると感じている企業様は多いかと思います。

「生産性」という言葉は「省力化」と誤解されるケースがありますが、そもそも「生産性」は、「費やした資源」に対して「得られた成果」を表すものです。働く時間や業務量を削減しても、そこから生まれる成果が減少すれば生産性の向上には繋がりません。企業における得られた成果とは業績向上であり、それを少ない資源(ヒト・モノ・カネ)で実現できると生産性が最大化することは言うまでもありません。

そのため、DXアプローチを考える際も「成果を最大化させるDX」と「資源を最小化させるDX」の両方の観点で考えていく必要があります。

「成果の最大化」に直結するのは顧客管理のCRM、営業育成のSFA、顧客育成のMAなどの営業DX、「資源の最小化」に直結するのは業務・現場DXや会計・人材などの管理DXが必要になります。

全国展開の住宅・不動産会社はもちろん各エリアのトップクラスの企業はすでに①「成果の最大化」のためのDXと②「資源の最小化」のためのDXの両方に取り組んでおり、日々の経営活動に活かしている状態です。

「いずれは自社もDXに取り組んでいかないといけない・・・」と思っている間にも競合他社はすでにDXに取り組んでおり、さらにはバージョンアップを重ねているような状況です。DXに取り組んでいる企業に差をつけられるのではなく、DXに積極的に取り組むことで競合他社との差を大きくつける側に回る必要があります。

とは言え、「何から取り組めば良いかわからない」「社内業務が手一杯でDXの推進まで手が回らない」「現場がシステム導入に対してアレルギーがある」など各社様各様に懸念点はあるかと存じます。

そのような懸念点を1日ですべて払拭すべく【DX推進特別オンライン視察】をご用意いたしました。

特別視察先のご紹介

 
今回の視察先は石川県金沢市に本社を置く【さくらホームグループ社】です。売上156億円、従業員149名、12年連続北陸トップクラスの実績を収めるさくらホームグループにおいて、「住宅実績:年間400棟・600戸を工務11名で完工」「不動産実績:不動産売買件数757件、不動産買取件数278区画」という輝かしい実績を収めながらも、マネージャーの平均年齢32.8歳。149名全社員の月間残業時間が5時間以内、と非常に高生産の実績を若手主体のメンバーで実現されている企業様です。

営業面、業務・現場面、管理面のそれぞれにおいてDXを推進され、高い生産性を実現されております。
しかし、そのさくらホームグループ社においてもDX導入前の葛藤や懸念点は本メルマガ読者の皆様と同様にございました。
成功事例だけではなく失敗事例も踏まえて導入前の葛藤をどう乗り越えたのか、導入後何が良かったのかなど「生の声」を聞いていただければと思います。
また実際に3月にさくらホームグループ様を訪問して視察を行った際の映像もお見せ致します。
百聞は一見に如かずという言葉がありますように、まずは一度参加して、実際に体感していただければと思います。少しでもご興味を持たれた方は是非ご参加ください。

※※本セミナーはコロナウィルスの影響によりオンラインでの開催となります。※※

 
【オンライン開催のメリット】
1.コロナウィルスの影響を心配することなく実施することができます。
2.クオリティそのままで交通費・宿泊費のコストがかからなくなります!
3.事前に接続テストをさせていただきますので、当日も安心です。
日程:
2022年6月29(水) 13:00~16:30(ログイン開始時間12:30~)

皆様のご参加を心よりお待ちしております。