船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM塗装・塗り替え
ビジネス

コンサルタント紹介CONSULTANT

南原 繁NANBARA SIHGERU

南原 繁NANBARA SIHGERU

■得意分野:住宅リフォーム業界の戦略立案、展開、業績アップ、組織マネジメント、幹部育成

1993年関西大学経済学部卒業後、㈱船井総合研究所入社。
入社後、流通小売業、飲食サービス業、製菓製パン業、地域遊休地開発、観光事業、企業CRE戦略、自動車販売業の幅広いフィールドを通じて、船井流マーケティングの基本ベースを習得する。
2000年より住宅リフォーム業を本格的に従事、2002年チームリーダー、2005年グループマネージャー、2010年上席コンサルタント認定、2014年住宅不動産部副部長、2017年リフォーム支援部部長。

主なコンサルティング実績

<事業開発>
●N社(売上1.6兆円)企業CRE開発戦略プロジェクト
●K県庁遊休地土地開発提案プロジェクト

<リフォーム事業参入>
●Y社(売上2.兆円)リフォーム事業業績アップコンサルティング
●T社グループ(売上2500億円) リフォーム事業活性化コンサルティング

<経営幹部・マネージャー実務研修>
●T社(売上2500億円)経営幹部育成研修
●S社(売上1.5兆円)リフォーム事業参入研修
●L社(売上1.7兆円)リフォーム事業幹部育成研修

コンサルティング姿勢

・リフォーム事業のエンドユーザーは、その地域が好き、自分の家が好き、そこにずっと住み続けたいという人を対象にするビジネス。リフォームはその地域に住む人を支える地場産業。リフォーム業界の発展を通じて地域、地方を元気にしていきたい。
・中小企業が永続発展するために地に足着いた0.5歩,1歩先の戦略提言をできるようにノウハウをチームを挙げて洗練させていく

座右の銘

いい会社が増えれば、幸せな人が増えます。
・コンサルティングは、単に業績を上げるだけではなく、一過性ではない企業、組織を業績が上がる良いカタチにする基盤づくりのサポートが大切と考えています。