船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM土地活用

令和は“人生100年時代の土地活用”が求められる?!

 
おはようございます。
みなさまは、『令和元年版「土地白書」』をご覧になりましたでしょうか。

今回はその中から今後の土地活用のポイントをまとめたいと思います。

そもそも土地白書とは・・・?

政府が土地の現状についてどのように把握し、今後どのように策を講じていくかという方向性について記載されたものです。
建築不動産会社や投資家の方々は必見ですね。

では、気になる今年の土地活用のテーマとは??

ズバリ“人生100年時代の土地活用”です。

令和はこのテーマに沿った土地活用を提案する時代になりそうです。

例えば、

(1)定年退職後にも働き続けることを希望するシニアが増えている中で、
起業を志すシニアを総合的に支援するサービスを提供するための高齢者向けのレンタルオフィス。

(2)高齢者の健康志向ニーズの増加により利用者数が増えている
フィットネス施設(平成20年には約1,000箇所だった事業所が、平成30年には約1,400箇所と、10年間でおよそ1.4倍に増加)。

(3)有料老人ホームに隣接する生産緑地を農園として開放することで、
高齢者に住まい+「農を楽しむ」場を提供する有料老人ホーム×隣接農地。

が例として挙げられています。

土地活用の基本はニーズに沿った活用をすることです。

これを誤ると、入居者・利用者が集まらず、オーナーも損をしてしまいます。

「昭和」であれば人口急増に対応するためニーズが増加したアパート・マンション活用等。
「平成」であれば高齢者急増に対応するためニーズが増加した高齢者施設活用等。
「令和」は人生100年時代に沿った施設活用等。
でしょうか。

いずれにせよ、政府・時代の大枠の流れをつかんで活用提案をしていく必要があります。

この流れをいち早くつかんで提案出来る建築不動産会社が生き残っていくでしょう。