ゼネコン・土地活用会社がつくる建築単価2億の新たな医療・福祉施設

 

いつもコラムをお読みいただきありがとうございます。
土地活用チームの永田大輔と申します。

本日のテーマは、
ゼネコン・土地活用会社がつくる建築単価2億の新しい医療・福祉施設、
ナーシングホーム
についてです。

ナーシングホームとは、医療依存度の高い高齢者の
受け入れを中心とした、医療・看護・介護の3つの
サービスを同時に提供できる高齢者住宅のことです。

これまでの高齢者住宅は、訪問介護やデイサービス
事業者が手掛けるのが主流でした。そのため、
限られた範囲でしか医療が提供できないことがネックでした。

一方、ナーシングホームは、訪問看護ステーションが
運営を行う
ため、医療・看護・介護の3つがすべて
提供できます。

ナーシングホーム市場は今後、間違いなく爆発的に
伸びると考えられます。その理由は3つです。

1つ目は、「後期高齢者人口の増加」です。
2020年から2025年にかけて、約300万人も
増加することが予測されています。2025年は、
団塊の世代が全員75歳以上を迎える年でもあります。

2つ目は、「看取りニーズの増加」です。
後期高齢者が増えれば、医療行為を必要とする
高齢者の数も増えます。つまり、自宅や施設で看取りを
必要とする人の数が増えていくということです。

3つ目に、「訪問看護ステーションの増加」です。
①②のニーズ増加を受け、訪問看護ステーションは
この10年で3倍の10,000か所に増えています。
さらに、2025年までにあと4,000カ所増えることも
見込まれています。

この事業は、特にこれまで高齢者住宅を
提案してこられた建築会社様にとっては簡単です。
なぜなら、提案先を介護事業者から訪問看護
ステーションに切り替えるだけだから、です。

ここには書き切れませんでしたが、この事業の
“核心”とも言うべき内容をレポートにまとめましたので、
ご関心のある方はぜひダウンロードいただければと思います。
皆様のますますのご発展を、心よりお祈り申し上げます!

ご質問・ご相談は下記まで
株式会社 船井総合研究所
土地活用チーム 永田大輔
080-4809-0464