船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM不動産売却&
空き家再生

2020/07/29

媒介取得件数年間100件を突破!媒介取得を強化して昨対粗利150%成長を達成した秘訣大公開セミナー|不動産売却ビジネス

2020/07/29

経営コンサルティング会社、船井総合研究所 不動産売却チームでは不動産売却・媒介取得の強化に関するコラムを多数配信しており、様々なノウハウや情報などをご提供しております。「業績アップの答え」や「経営改善のヒント」が欲しい方は是非本コラムをお読みください。

 

既存社員1名を売り専任化して

年間媒介取得100件・一括査定反響からの受託率19%を達成された

成功事例企業様の取り組みの軌跡を大公開!

 

いつも不動産売却コラムをお読みいただき、ありがとうございます。

 

不動産業界の時流として、業者物件の反響件数の低下、

新築仲介を中心としていた会社様の業績ダウンがあります。

特にコロナの影響が大きくなっている今、

多くの会社様が今後の経営状況に不安をお持ちなのではないでしょうか。

そのような経済状態の中でも反響を継続的に月間60件以上獲得し、

業績を伸ばし続けている会社様をご紹介させていただきます。

 

継続成長を遂げているポイントは下記3点になります。

一括査定サイトから反響受託率19%を達成した組織づくり・営業手法

②年間70%もの受託物件を売却する仕組み・営業手法

③未経験の入社1年目の営業社員でも年間粗利3,000万円を達成する育成の仕組み

 

媒介取得に成功された企業様の紹介

 

本日ご紹介させていただくのは株式会社アイーナホーム様になります。

アイーナホーム様は、北海道函館市の不動産会社様で

1年前より媒介取得の強化を図り、専任1名で年間媒介取得100件を達成された企業様です

媒介取得の強化に伴って、粗利は昨対150%成長、営業利益も昨対200%成長を達成された

現在急成長中の会社様です。

 

★たった1名で媒介取得強化に成功したノウハウはコチラから>>

不動産 媒介取得 船井総研 セミナー

 

 

媒介取得強化の成功ポイント① 受託の専任者を配置

 

アイーナホーム様では、媒介取得強化を本格的に始めるにあたって

既存の営業社員を売り営業の専任として配置いたしました。

競合他社が買い営業・売り営業の兼任で取り組んでいる中、

対応スピードや追客の行動量での差別化を行うことが出来、

専任1名で月間平均受託件数10件の獲得に成功いたしました。

 

媒介取得強化の成功ポイント② 社内の対応マニュアル整備

 

一般に、一括査定ポータルサイトからの反響は売却の感度が低い方が多く、

お会いすることが難しいと感じられる会社様が多いと思いますが、アイーナホーム様では、

切り返しトークなどを整備した一括査定反響対応マニュアルを作成することで、

経験のない社員でも反響対応可能な仕組みを作成されました。

 

また媒介取得強化を行うには、

訪問査定時にいかに競合他社様と差別化を行うかが重要になってきます。

アイーナホーム様では、訪問査定時に活用するツールを整備

「大手や競合他社様よりも自社の方が販売できること」、

「お客様の物件を売却する具体的な手法」をお客様に訴求する資料を整備することで、

査定金額だけで判断されずに自社で受託できる仕組みを作成されました。

 

実際に月間平均訪問査定件数15件、媒介取得件数10件と、

売り専任の営業社員1名で媒介取得件数を最大化されています。

 

本コラムのまとめ

10月6日(火)、10月8日(木)に開催するセミナーでは、

上記のような取り組みの成功のポイントはもちろん、

実際に媒介取得強化を成功させた経営者にしか分からない成功の秘訣を社長自らご講演いただきます。

今回はオンラインでの開催もあり、全国どこからでも受講が可能です

是非この機会に、たった1名で媒介取得100件を達成した

株式会社アイーナホーム様の取り組みを実施してみてはいかがでしょうか。

 

今回の内容が皆様の業績アップの一助となれますと幸いです。

 

★アイーナホーム様の取り組みをもっと知りたい方はコチラから>>

不動産 媒介取得 船井総研 セミナー

 

 

媒介取得の強化について相談したい方先着10名限定!

不動産売却ビジネス専門のコンサルタントが60分間のweb無料相談を実施いたします!

下記をクリックしていただき、「ご相談内容」に「不動産売却ビジネスのことを相談したい」とご記入いただければ、

担当コンサルより後日お電話させていただきます。

「売り営業を専任化しても本当に大丈夫なのか」「売り営業を専任化して上手くいっているもっと事例を知りたい」など、

本コラムを読んで疑問に感じた方はぜひお気軽にお問い合わせくださいませ!

 

本コラムが皆様のお役に立てば幸いです。