【短期賃貸需要は地方にこそ眠っている!?】5年間で検索量2倍の「キーワード」とは


カテゴリ:
マンスリー事業

いつもコラムをお読みいただきありがとうございます。
本日はマンスリーマンションの需要についての動向をお伝えいたします。

先日、全国各地の賃貸管理会社様より
マンスリー市場に参入したいという話を伺う機会がありましたが
まず初めに全国の会社様よりご相談される内容として
「うちの商圏ではマンスリーマンションを取り組むための市場があるのか?」
といった”ビジネスとして成り立つのかどうか”
というところをほぼ100%聞かれます。

その背景としては
マンスリーマンション/ウィークリーマンションサイトの大手ポータルサイトである
「グッドマンスリー」の掲載状況にあるのではないかと思います。

実際に各都道府県別掲載数を見ると
20,000件のうち東京都内で10,000件以上の掲載、
地方では掲載件数が無い都道府県もあります。

こうした状況から需要が無いのではないかと思われがちな
マンスリーマンションの入居者需要ですが、
Googleサービスの検索量においてはここ5年で
「マンスリーマンション」「ウィークリーマンション」の
キーワード検索量はおよそ2倍になっており、

都道府県別に区切ってみると

東京都:5年で1.3倍
大阪府:5年で1.1倍
福岡県:5年で1.6倍
と大都市圏でも伸びてはいるものの、
検索量が全国で2倍になっている理由は地方でのマンスリーマンション需要の伸び率で、

地方では
最も高い伸び率の岩手県や三重県、岡山県などで、検索数は3倍超、
そのほかの地域でも2倍ほど伸びているエリアがほとんどです。

このように市場に大手が物件化していないエリアであっても
マンスリーの需要というのはキーワードの検索量からみても明らかに増えており、
ブルーオーシャンな地域もまだ多く存在しているのかもしれません。

グッドマンスリーに代表されるようなポータルサイトに掲載がないからと言って、
自社の地域ではニーズがないと初めから決めつけることが
実は機会ロスに繋がっているかもしれません。

最後に
長野県・神奈川県にてマンスリー事業に参入して
運用400室を越えた賃貸管理会社様が
年間物件反響を安定的に獲得した事例やマンスリー運用のポイントを無料レポートで配信しております!

船井総研ではこのような全国での市場調査、戦略提案を行っております。
事業立ち上げをご検討の皆様は個別相談へお申し込みも可能です。

同じテーマで記事を探す: マンスリー事業
この記事を書いたコンサルタント

関口 采己

船井総研に新卒で入社。入社以前の行政やNPO法人での従事経験から、マクロから見た市場の分析に強みを持っている。入社後は不動産会社の業績アップコンサルティング、外食・福祉事業所などの採用コンサルティングに従事。実行支援ツールやマニュアルの作成、WEB分野からの実行可能なコンサルティングを行っている。

投稿記事一覧へ
メルマガ登録 財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード