船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM収益不動産・マンスリー・駐車場

【高稼働で回す民泊ホテル事業】地方でも運営するコツとは?


カテゴリ:
収益不動産事業

首都圏から地方へも広がりを見せている民泊・旅館事業について
以前4つのポイントをご紹介させていただきました。

1.新築物件で貸し切り戸建(旅館)の運営をしている
2.物件自体にコンセプトが設定されている(特に純和風物件・温泉付き物件等)
3.観光地エリア・温泉街付近の物件、または空港やターミナル駅などの交通機関付近
4.地域特有のイベントやお祭りが開催されている

今回は、以前ご紹介できなかった稼働率に関わる3、4の部分について
ご紹介させていただきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【初めての方はこちら】
船井総合研究所では、戸建を活用した旅館業立ち上げのビジネスモデルを以下のダウンロードコンテンツにまとめています。
無料ですので是非ご興味のある方はご覧になってください。
<無料レポートはコチラから>
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/fhrc/pdf-toushi18.html

【前回の記事はこちら】
「地方における、民泊・旅館運営の実態は?本当に地方での運営は可能なのだろうか?」
https://fhrc.funaisoken.co.jp/toushi/column/column01/8951.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

地方で運営されている中でも高稼働の物件の共通点として、
1. 新築物件で貸し切り戸建(旅館)の運営をしている→新築物件での運営は地域で目立つ
2.物件自体にコンセプトが設定されている(特に純和風物件・温泉付き物件等)
→新築の場合、デザインや間取りなど差別化を図りやすい
を紹介させていただきました。

3.観光地エリア・温泉街付近の物件、または空港やターミナル駅などの交通機関付近
4.地域特有のイベントやお祭りが開催されている

上記2つは、集客キャンペーンや企画、その期間特有の料金設定ができるため、
高稼働と一泊単価の上昇が狙えます。

トリップアドバイザー発表による「外国人に人気の日本の観光スポットランキング」によると、外国人に下記エリアが人気となっております。

「訪日外国人」というと、首都圏のみを想起しがちですが、
訪日外国人に人気の観光エリアは地方にも多数あるのです。

株式会社リクルートライフスタイルによる「訪日外国人に人気の観光体験ランキング」の各国上位1位・2位は「自然景観」「神社・仏閣」が占めています。
また、観光庁の「訪日外国人消費動向調査」でも外国人が訪日前に期待していることとして「自然・景勝地観光」が48.5%を占めています。

そのため、皆様の商圏の近くに有名な自然景観が望める場所(富士山や日本庭園)、神社・仏閣などがある場合、もしくはその観光スポットに行くための空港・ターミナル駅などの近くでは高稼働の需要が見込めます。

また、外国人に人気のお祭りとして下記が挙げられます。
1.京都祇園祭(京都)
2.阿波おどり(徳島)
3. 札幌雪祭り(北海道)
4.ねぶた祭り(青森)
5.岸和田だんじり祭り(大阪)
6.仙台七夕まつり(宮城)
こういった有名なお祭りがある場合は近隣ホテルの需要も高まるため、稼働率が上がり1泊当たりの単価を上げたりキャンペーンを打ち出したりすることが可能になります。

さらに、年間を通してみると、4月は桜の季節、7・8月は夏休み・バカンス、10月は紅葉需要、12月は雪需要と、訪日外国人数および稼働率が上昇する時期は多くあります。

近年ではこういった訪日外国人の需要に着目し、岩手県釜石市や熊本県、新宿区などがAirbnbと提携しています。地方自治体と連携することも稼働率アップの一つです。

このような高稼働率のポイントをおさえることで、
地方でも民泊・ホテル業を運営することが可能になります。

実際に運営する時には具体的に何をどうしたらよいのか?
外国人に選ばれる「戸建旅館」の規格とは?
などさらに詳細を知りたい方はぜひこちらのセミナーにご参加ください。

戸建旅館事業に参入して12ヶ月で22棟運営されている東建ホームズ様に詳細をお話いただきます。

□□□□■■■■□□□□■■■■□□□□■■■■□□□□■■■■□□□□
訪日外国人をターゲットにした新たな不動産の貸し方!
一戸建旅館運用・販売で利回り15%、1棟利益1,000万円!
インバウンド向け旅館事業参入セミナー

日時:9月20日(金)13:00~16:30
場所:(株)船井総合研究所 五反田オフィス

▼セミナーの詳細・お申込はこちら
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/seminar/047329_lp/
□□□□■■■■□□□□■■■■□□□□■■■■□□□□■■■■□□□□

ぜひ今後の事業の参考にご活用ください。

同じテーマで記事を探す: 収益不動産事業