M&A

2024年の土地活用業界の動向・市場

いつもコラムをお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

本日は2024年の土地活用業界の時流や市場規模についてお送りさせていただきます。

土地活用、非住宅建設、建設業界において、2024年の業界動向は、 より一層商品の差別化・細分化が進み、質の高い商品の見極めがますます重要になるでしょう。

2023年以前と2024年以降の業界動向は以下のようになっております。

<2023年までの土地活用業界の動向>
・相続税法改正以降、相続税納税義務者は増えており、土地活用が必要な顧客層が増加
・2017年以降のアパートローン規制により、アパート建築市場が鈍化 ・建築費高騰の影響が大きく、高利回りの商品の提案が難化
・アパートやマンションの提案を行う建設会社が増え、アパートの供給過多や競合の建設会社が増加

<2024年以降の土地活用業界の動向>
・高利回りの商品が減り。建築費の安い会社や賃料の高く取れる商品の提案はオーナーにとって際立つ
・利回り以外の魅力を持った商品の提案がオーナーに対して必要になってくる
・アパートやマン所に外の土地活用商品の取り組みが加速し、その商品の中でも差別化が進む
・アパートやマンション以外の商品の中でも特に、福祉・医療系の提案が進んでいく

アパート建築市場が引き続き鈍化を見せる中、 アパート・マンション以外の建築提案を進めている建設会社も増えてきております。

その上で時流商品を見極め、オーナーに最適な提案をすることで、 競合他社との差別化を行うことができ、建築受注を獲得できるようになるでしょう。

船井総研が推奨する2024年の最新の時流商品は、 「ナーシングホーム(医療対応型の老人ホーム)」という商品で、 需要・社会貢献性・収益性を兼ね備えた商品になっております。

これからの土地活用事業に取り組む建設会社の経営者が持つべき視点

前述したようにアパート・マンションの提案はますます厳しくなってくる時代になり、
オーナーへの質の高い商品の提案が建設会社にとって必要不可欠です。

その上で、2024年の最新時流商品であるナーシングホームは今後、建築が増えていく見込みがあります。

今まで提案してこなかった時流商品にも取り組んでみる発想が必要になるでしょう。

2024年の最新の業界動向予測・時流商品の詳細、既に時流商品の受注を伸ばしている成功事例をまとめた無料ダウンロードレポートも公開させていただいております。
是非ご活用ください。

土地活用業界 時流予測レポート2024

無料ダウンロードはこちらから