船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM中古リフォーム

リノベーション受注のためのSNS広告運用のポイント

いつも当サイトの記事をお読みいただきありがとうございます。

今回リフォーム会社向けに、高単価のリノベーション受注のためのSNS広告受注のためのポイントをお伝えさせていただきます。

 

■SNS広告とは?

昨今、FacebookやInstagramを用いての集客を行っている会社の話や、実際に自分がそういったSNSを使っている際にも広告が出てきたことがあると思います。

SNS広告というと多くの方がfacebookやInstagramの自社のアカウントから無料で一般のユーザーのように情報の発信や投稿を行う方法を思い浮かべると思いますが、そちらはフォロワー数によって効果が大きく左右され、急にフォロワーを多くすることは難しく効果的に顧客へ自社の情報を発信することが難しい状態にあります。

しかし、多くのユーザーが活用しているSNSへ広告を配信することはもちろん有効である上に、今後取り組むべき内容であると多くの経営者様が考えておられます。

そこで、今回お伝えするSNS広告とは、facebookやInstagramなどの媒体に有料広告として配信していくものです。

今回はそのSNS広告を費用対効果よく運用する方法についてお伝えします。

 

SNS広告運用のポイント①:ターゲット設定

SNS広告の特徴として、配信するターゲットを細かく設定できる点にあります。自社のターゲットとなる地域や年齢層はもちろんですが、どんなコンテンツに興味を持っているのかというところまで設定をすることができます。リフォーム会社の場合では、まさにリフォームに興味を持っているユーザーに対しての配信が可能となります。また、その他にも自社サイトを訪れたことがある人や、その自社サイトを訪れたことがある人の友達、自社のSNSアカウントにいいねをくれた人等についても設定するこができるため、様々なターゲットに配信しながら費用対効果を確認し、より効果的な配信先を選択して広告を配信していくことができます。

 

SNS広告運用のポイント②:有効なバナーの設定

FacebookやInstagramの特徴として、ユーザーは基本的に自分の興味のあるコンテンツのみを確認し、瞬間的に楽しむものになっております。

したがって、文章だけで自社の発信したい内容がひと目で分かり、顧客の目を引くものである必要があります。

 

SNS広告運用のポイント②:飛び先の設定

顧客に広告に関心を持っていただき、クリックしていただいても、そのクリックした先が広告の内容と紐づいていない場合や、顧客のニーズを十分に満たせていない内容である場合に結局反響は得られずに顧客はサイトから離脱してしまいます。

そのため、クリックした後の飛び先をどのサイトにするのか、もしくはサイト内のどのページに飛ばすのかは広告の内容と照らし合わせて吟味していかなければなりません。また、そもそも自社のサイトが反響を得るための導線設計がしっかりできているかを見直していく必要があります。

 

今回基本的なSNS広告運用のためのポイントをお伝えさせていただきました。

反響が不足しており、集客の方法について次の一手を考えている方はぜひご検討ください。

また、弊社ではこういったSNS広告の運用の代行も行っているため、自社でSNS広告を始めるためにはどのように進めていくべきか等の悩みがありましたらお気軽にご相談ください。

 

自社でのSNS広告を打つための手法についてご相談されたい経営者様は、

弊社HP内の無料経営相談

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/fhrc/inquiry.html

 

へお問い合わせください。