船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM不動産売却&
空き家再生
無料経営相談 資料ダウンロード

訪問査定後の受託率60%!受託を最大化するための動き大公開!

 
いつも船井総研のメルマガをお読みいただき、ありがとうございます。
媒介取得の強化は順調に進んでおりますでしょうか。
不動産売買仲介業での業績アップのためには、購入客様からの反響数を増加させる
自社ユニーク物件のポータル掲載が欠かせません。
即ち、多くの不動産会社様の場合、媒介取得の強化が業績アップのセンターピンとなりま
す。
本日は、皆様の媒介取得強化の一助になれましたらと思い、
以下の内容について解説したレポートをご紹介いたします。
不動産売買仲介会社向け
訪問査定後の受託率60%!
受託を最大化するための訪問査定時の動き

・新築物件のポータル反響数が減少し、次の打ち手を探している企業様
・訪問査定には行けるが、競合他者に負けて媒介契約が結べない企業様
・媒介強化が思うように進めることができていない企業様
上記のような企業様は是非下記よりご確認くださいませ。
無料レポート資料はこちらから! ダウンロード特典に無料個別相談もございます!
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

【3分で分かる!訪問後受託率60%達成のための訪問査定時のポイント】

訪問査定時の動きに関して簡単にポイントをご紹介いたします。
受託を最大化するために必要な主なポイントは以下の3点です。

①訪問査定時の流れを把握し、お客様に査定の内容をきっちり伝えきる。

②訪問査定時の活用資料・トーク内容を整備する。

③訪問査定時のクロージング手法を確立し、初回の訪問査定時に媒介取得を行う。

①まずは自社の商圏特性を考え、基本のトークフローの整備と競合対策をしていく必要が
あります。
こちらを整えなければ安定した受託件数の確保が難しくなり、受託数の最大化は見込めま
せん。
②次に訪問査定時の資料の整備が必要です。査定書に加えて、物件売却に必要な内容を伝
えきる資料、他社との差別化を伝えきる資料の整備が必要になります。
③最後にクロージング手法を確立することが重要です。テストクロージングをどのタイミ
ングで挟むか、物件を売り抜ける根拠をお伝えすることができるか、お客様の媒介契約の
ハードルを下げることができるかなどが主なポイントになります。
より詳細な内容は、ぜひこの機会に無料レポート資料をご確認くださいませ。
また「そもそも、なかなか訪問査定のアポイントが取得できない・・・。」など、
会社様の状況によって最適な業績アップの手法は異なります。
貴社の状況に合わせた詳細な取り組みについては、無料レポートのダウンロードページよ
りお申込み
いただけるダウンロード特典の無料個別相談をご活用ください。

【個別相談で解決できること】

・自社の商圏、社風に合わせた業績アップのセンターピン
・媒介取得強化のための実施事項
・訪問査定アポイントの取得方法
・毎年130%成長を達成するためのポイント
・営業管理、KPI管理の仕組化に関して
上記はあくまで一例です。
不動産事業に関することであれば何でもご相談いただけます。
ぜひこの機会にご活用ください。
無料レポート資料・無料個別相談はこちらから!
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼