船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM収益不動産・マンスリー・駐車場

マンスリーマンション事業を立ち上げて1年で売上1億円にできた仕入方法とは?


カテゴリ:
マンスリー事業

 
法人の短期の出張や研修の際の宿泊施設のニーズが昨今高まってきています。

その理由としては、
■ 訪日外国人の増加によるホテル稼働率と価格の上昇
■ 管理維持や費用の面から、寮や社宅を手放す法人が増加
■ 短期宿泊最大手企業の施工問題により物件数が大幅減少
の3つの背景が挙げられます。

そこで法人仲介を専門として事業を運営していた
株式会社エル・ディー・ケイ様はこうした法人の短期滞在ニーズに着目されました。

エル・ディー・ケイ様にとって
このマンスリー事業を始めるにあたって最も重要だったことが、
マンスリー物件の仕入業務になります。

しかし、管理物件0の法人仲介専門のエル・ディー・ケイ様は
事業立上初年度で運用部屋数を100室突破・売上1億円を達成され、
現在では月間売上1,000万円を常時達成する状態まで成長されています。

事業として成功されている会社様とそうでない会社様の大きな違いに
『部屋を仕入れることが出来るか?』が挙げられます。

部屋を仕入れるにあたって

・物件をサブリースで借り上げるのでキャッシュアウトが怖い
・マンスリー物件の仕入を行ったところで集客がうまくいくかわからない
・どのエリアを借り上げるべきか検討がつかない

などといったお声をいただきますが、
過去に成功されている企業の事例を素直に真似ることと、
管理会社と提携して部屋の仕入ルートを確保したこと、
そしてポータルサイト×自社HPを活用した集客手法を確立し、
毎月安定した反響数を獲得することに成功、
1年で100室まで成長されました。

このように、
部屋の仕入→集客手法の確立の手順で事業を拡大することで
眠った1億円ビジネスを確立されました。

今回、エル・ディー・ケイ様がマンスリー事業に参入して
成功されたストーリーをまとめさせていただきました。

▼エル・ディー・ケイ様の成功のポイントはこちらから▼
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/seminar/044963_lp/

株式会社エル・ディー・ケイ様が目指す、
300室・売上3億円・営業利益3,000万円までのマンスリー事業成長ストーリーをまとめた
無料のレポートもご参照ください。

▼マンスリー事業300室・売上3億円を目指す事業ストーリー▼
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/fhrc/pdf-toushi11.html

今回もお読みいただきありがとうございました。

同じテーマで記事を探す: マンスリー事業