船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM定額制デザイン

【無料進呈】地域ナンバーワンビルダーも実践する「営業管理ノウハウ」を公開!

いつも船井総研のコラムをお読みいただきありがとうございます。
船井総合研究所 住宅支援部の山下紘平と申します。

本日は、地域ナンバーワンビルダーも実践している
「商談案件管理」方法についてお伝えします。

工務店経営者の皆さまの中には、
下記のようなお悩みをお抱えの方も多いのではないでしょうか。

・契約月がいつもズレる

・いつの間にか案件が立ち消えている

・いつまでも土地探しで止まっているお客様がいる

・受注が安定しない(受注の浮き沈みが激しい)

・受注の予測が立たたないため、大工のスケジュールを早く埋めたいのにできない

このような悩みを抱える会社様は、「商談案件管理」が徹底できていないことが多いです。

今回のコラムでは、そのような悩みをお持ちの経営者の方向けに、
地域ナンバーワンビルダーが実践されている「商談案件管理」方法をお伝えします。

「商談案件管理」といっても、難しくはありません。

①営業マン別・ランク別に商談客を「デジタルで見える化」する

②案件を「定量評価」し、1カ月以内にクロージングする案件を決める

③案件ごとに、次の行動を「誰が、いつ、何をするのか」を明確にする

たった3つのポイントを実践するだけで、
毎月目標通りの受注を見込むことができるようになります。

この3つのノウハウがつまった実践ノウハウ集を、
今回特別に無料で皆さまにご提供させていただきます。

受注を安定させたい、目標通りの受注を達成したい、
とお考えの経営者の皆さまはぜひ資料をダウンロードください。

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/fhrc/pdf-teigaku11.html