新規事業をご検討中の企業様必見!! フィットネス新規参入セミナーのご案内 ~今、注目の『AIフィットネスジム』とは?~

いつも【住宅会社向け業績アップメルマガ】をご愛読いただき誠にありがとうございます。

本日は新規事業をご検討中の皆様へ、
「フィットネス新規参入セミナー/今、注目のAIフィットネスジム」についてご紹介いたします。
*************************
コロナ禍で、外出自粛・テレワークが続く中、運動不足・体重増加を不安に思われている皆様も多いのではないでしょうか。
運動したいけれど通いたいジムがない。自宅周りを歩く、走るは続かない。家では集中して運動できない、、、などを理由に運動をスタート・継続できない方がほとんどです。

そんな今、顧客・地域の皆様に求められているのは、
『三密を回避し、継続して運動・健康維持が行えるジム』 です。
今回は、それらを実現する『AIフィットネスジム』についてご紹介します。

◆コロナ禍の今、日本のスポーツ(運動)参加率は?
スポーツ庁の調査では、令和2年の成人の週1回のスポーツ参加率は59.9%(前年53.6%)と、前年から6.8ポイントの増加。なかでも、20代女性では、自宅・オンラインでの運動機会の増加が挙げられています。仕事がリモートワークに切り替わり、通勤にかかる時間の減少・おうち時間の増加から時間と、生活リズムの変化がこれらに起因し、AFTERコロナにおいても、スポーツの参加率の継続・拡大が見込まれます。

◆近年のスポーツ(運動)参加者の目的と実感効果は?
同調査にて、スポーツ(運動)を実施する目的の割合は、『健康維持・増進の為』が49.4%・『気分転換・ストレス解消の為』が17.8%・『楽しみの為』が9.3%と続いており、運動による実感効果はストレス解消・体力や身体的機能向上・外出機会の創出・体を動かすこと自体が楽しいなど、これまで運動目的でおおくみられたダイエット・ボディメイク・競技力向上から、日常に不可欠な活動として、捉えられ始めています。

◆顧客がジムを選ぶ基準と、現状の出店状況
では、運動が日常活動となってきている昨今、顧客がジムを選ぶポイントは何なのか?
それは、下記の4つです。
その1.通いやすい場所にあること(生活・仕事の場に近い)
その2.通い続けられる価格帯であること
その3.やりたいことがある。もしくはやるべきことを提案してくれる。
その4.生活リズムにあわせて続けられる。(24時間・時短等)
何よりも、より良い生活を送るために、効果を感じながら続けられることが、共通して言えるポイントです。
このコロナ禍でも、24時間ジムの出店は続いており、スクール・パーソナルトレーニングジムの会員復帰傾向が高いことからも安心して通いやすく・続けられるサポートがあるが重要な要素です。

これらの環境から、今まさに地域の方の通いやすい場所に、
『三密を回避し、継続して運動・健康維持が行えるジム』
が、求められているのです。

では、いよいよAIフィットネスジムのご紹介です。
フィットネス事業参入において、もっとも高いハードルになっているのは、『専門的な知識をもった人員による継続サポート』ではないでしょうか?AIフィットネスジムは、それらをマシンソリューションと運営オペレーションで解決するフィットネス業態です。

◆AIフィットネスジムとは?
今回ご紹介するAIフィットネスジムは、1回30分での効果的なトレーニングを実現する、パーソナルカスタマイズサーキットトレーニングです。これまでに多く見られる女性専用サーキットトレーニングは、同じ負荷・回数でのトレーニングをグループで行うものでしたが、AIフィットネスジムでは自動でシートの位置、トレーニング負荷、回数、スピードが調整・提案されます。そのため、ターゲットを広げることができ、小商圏での出店集客も可能です。

AIフィットネスジム

【AIフィットネスジム業態のおすすめポイント】
1.省スペース(30坪~)での出店が可能
小規模ドミナント出店や、現有施設の遊休スペースの有効活用により、
継続的な顧客拡大が目指せます。

2.AIパーソナルカスタマイズにより、時短で効果的なトレーニングを提供
生活の一部としての運動を続けていただけるよう、目的・体力変化に対応して常時最新トレーニングメニューの提供とフィードバックが可能です。

3.省人化オペレーションでワンオペ運営を実現
セルフ利用、予約システム完備で完全1名体制での運営オペレーションにて効率のよい、省人運営を実現します。

AIフィットネスジム業態は、WITHコロナにとどまらず、AFTERコロナでも持続集客可能な業態であり、新規事業をお考えの企業様にとっても、一生涯にわたる健康サポートによる従業員・家族・地域の皆様の健康寿命増進と、地域客の生涯顧客化の実現がイメージできるのではないでしょうか。事業再構築補助金を活用した新規事業計画および、今後のフィットネス事業参入への1つの業態検討の1コンテンツ情報として、ぜひお役立てください。

ここまでのご紹介で
・AIフィットネスジムに興味がある、
・フィットネス事業参入について、さらに情報を得たいという企業様
向けにフィットネス新規参入ミナーをご紹介いたします。

オンラインで複数日程ご用意しておりますので、参加しやすい日程をお選びいただき、情報収集に活用いただければと思います。

【Web開催】フィットネス新規参入セミナー
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/072889

≪概要≫
コロナ禍でも業績を伸ばしたフィットネス店舗の代表者が事業の成功ポイント
徹底解説!30~50坪で出店可能。店舗展開もしやすい最新のAIフィットネスジムモデルをご紹介。
≪こんな方にオススメ≫
・事業展開しやすいフィットネス事業モデルを知りたい
・コロナ禍でも売上を伸ばしているフィットネス事業を知りたい
・省スペースからスタートできるフィットネス事業を知りたい。