船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COMDIY住宅

【非常時に求められる店長力】業績を大きく左右する現場指揮官の重要性

店長(リーダー・マネージャー)と言えば、ひと昔前までは「中間管理職」でした。

今は違います。
最前線で活躍する現場の最高指揮官」です。

業績が伸びている会社や店舗には優秀な店長が必ずいます。
今回のコラムでは、こうした優秀な店長が持つスキルを「店長力」と表現を用いています。

そんな「店長力」を経営者視点で解説していきます。

 

 

非常時の現場に求められる能力

船井総合研究所 住宅支援部の西村茂和です。

船井総研の創業者である舩井幸雄は「企業はトップで99%決まる」と言っています。

このことについては、私が船井総研に入社して以来、
様々な会社(社長)とお付き合いをさせていただいて、そのことは強烈に痛感しています。

さらに、舩井幸雄はこのようにも言っています。
非常時にはよりトップの強いリーダーシップが必要となる」。

非常時は現場でも力のあるリーダーが強いリーダーシップをとり、力を発揮できる体制にする必要がある
とも言っています。

今は時代が大きく変わろうしている非常時です。
この“現場でも力のあるリーダー”というのが、店長(リーダー・マネージャー)だと思うのです。

 

なぜ、今、店長力が必要なのか?

エリアは違えど、同じビジネスモデルを展開し、同じ客層に対して事業を行っているのに、
なぜA店とB店は売上が違うのか?

このように同じビジネスモデルを複数店舗展開されている経営者の方であればご理解いただけるかと思いますが、
業績の差は店長力の差であるということです。

ではなぜ今、店長(リーダー・マネージャー)が必要なのでしょうか?

・時流に適応するのは当然として、いかに素早く対応アクションができるが必要となってきている
・店長が経営者視点にたった上で的確にトップの意図を汲み取り、素早く現場へと落としこむことが求められている
・同時に、現場(お客様・スタッフ)の状況・情報をいかに素早く経営者に吸い上げられるかである

非常時の極致である戦場においても、
強力な兵器以上に、優秀な現場指揮官が存在が戦局を大きく左右するのです。

 

店長力≒社長力

住宅会社だと、売上の壁とされている10億までは社長の力で上げられます。
(上げられないとすればそれは社長力に原因があります)

ただ、15億、20億と、次の壁を突破していくには、社長ひとりの能力では限界です。
RPGゲームのようにどんどん仲間を増やしていかないと突破できません。

その証拠に、売上15億以上の住宅会社には何となく右腕らしき人がいて、
売上20億以上の住宅会社だと明確な右腕がいます。
それが売上50億円以上の会社になれば、それぞれのセクションで右腕がいます。

「うちの会社はまだ10億じゃないから右腕とか関係ない」ではありません。
例えば、営業部門の右腕と呼ばれる人は、まだ売上が低い時の店長(リーダー)からスタートしています。

店長を抜擢するのも、店長力を伸ばすのも、トップの仕事です。

 

 

 

船井総研では、工務店・ビルダー・住宅会社の皆様の業績向上(集客・受注の向上)のために、
下記のコンサルティングサービスをご提供しております。お気軽にお問合せくださいませ。

<船井総研がご提供するサービス一覧>

▸業績アップの情報が毎週配信される無料の業績アップメルマガの登録はコチラ
▸住宅業界の動向やこれから打つべき一手がわかる最新セミナー開催情報はコチラ
▸全国のビルダーの最新成功情報を仕入れられる!経営研究会の無料お試し参加はコチラ
▸住宅業界専門コンサルタントへの個別の無料経営相談はコチラ
*今回の記事に対するお問い合わせは、ご相談・問い合わせ内容に「西村」とご入力ください