船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COMDIY住宅

【2030年の住宅会社の未来経営とは?】今後の時流をマクロとミクロから学べる7日間

年に一度の船井総研のビッグイベント「第94回経営戦略セミナー研究会全国大会2021」が6月6日からスタートします。

今年は94回の歴史にして初めてのオンラインセミナー。
だからこそ実現した7日間・全118講座を、皆様の経営戦略のヒントにしていただきたいと思います。

今回はメインとなる2日目の講座をご案内します。
(本コラムは社長onlineの人気コンテンツから一部抜粋したものになります)

 

 

今後の時流をマクロとミクロの両方の視点から学べる7日間

船井総合研究所 住宅支援部の西村茂和です。

船井総研の「経営戦略セミナー」の特長は、
今後の時流をマクロとミクロの両方の視点から学べることにあります。

6月7日の2日目は経営戦略セミナーのメインともいえる1日で、これからの経営をマクロな視点から考える日です。

コロナ影響下で急速に変化した世界の中で、中小企業はどう進化するべきか?
船井総研の経営陣、世界的ソフトウェア企業の経営者、今年度のグレートカンパニーアワード大賞企業の経営者が語ります。

これらの講座を頭にインプットしてから、経営戦略セミナーの他の講座を受講すれば、
理解がより一層深まり、2030年の住宅会社の未来経営が見えてくるはずです。

 

船井総研経営陣によるマクロトレンド解説を提言

中小企業が2030年に向けて重点的に取り組むべきことを事例を交えて解説します。

「ネクストノーマルで必ず成功させるDX経営」
船井総合研究所 代表取締役社長 社長執行役員 真貝大介

・ステイホームで急加速したデジタルの新潮流
・デジタル資産を最短距離で最大化させる解決策
・デジタルは「費用対効果」から「投資回収」する時代へ 他

「ネクストノーマル時代に『持続的成長』を実現する2030年に向けたグレートカンパニー化とSDGs志向経営」
船井総合研究所 取締役専務執行役員 出口恭平

・ネクストノーマル時代に持続的成長を実現するビジネスモデル
・伸びている企業、地域一番企業が断トツ化するためのIPOとM&A戦略
・簡単に転職ができる時代に強い組織をつくるための人事戦略
・社会課題の解決と収益性を両立するグレートカンパニー化とSDGs志向経営

 

海外の起業家から「ネクストノーマル」の経営を学ぶ

オンラインだからこそ実現した海外からのスペシャルゲストによる講座があります。

中小企業のDXを実現する、世界的ベンダーZOHOが提供する未来経営」
ゾーホー(ZOHO Corp.)CEO シュリダー・ベンブ氏

ZOHOはインド・チェンナイに本社を置く世界的ベンダー企業です。
ビジネス用のスーパーアプリ「ZOHO」を開発し、世界180カ国15万件のユーザーに使われています。
競合ともいえる米国のセールスフォース・ドットコムのユーザー数が10万件ですから、
ZOHOのスケールをご理解いただけると思います。

ZOHOはなぜこんなに多くの企業に支持されているのか?
それは、ZOHOが、人手不足の中小企業こそDXで生産性を上げるべきであると考え、
それまで大手企業向けだったビジネス用スーパーアプリを、
中小企業にも使いやすい機能と価格に変えて提供しているからです。

ZOHOの社創業者であるシュリダー・ベンブ氏は1968年インド生まれ。
一代でZOHO社を世界的なベンダー企業に育て上げた世界的な著名人です。
彼が起業を志した理由は日本にありました。
子供時代、日本がアジアで初めて工業化を成し遂げ発展したことを知って刺激を受けた彼は、
奨学金を得てインド、アメリカの大学で学び、シリコンバレーでソフトウェア会社を起業したのです。
彼が作ったZOHO社は現在8000名超の社員を抱え、大企業と競い合えるまでに成長。
ビジネスを拡大すると同時にインドの貧困問題の解決にも取り組み、IT人材を育成する学校を設立する等の活動も行っています。

日本の産業を発展させた経営者達の思想に影響を受けた彼の経営スタイルは、
「シリコンバレー流の経営に精通したインド人が繰り広げる日本的経営」と評されています。

 

グレートカンパニーアワード大賞企業から「ネクストノーマル」の経営を学ぶ

グレートカンパニーアワードの大賞企業による講座があります。

「モノ売りではなく、サービス・コト売りへの変革 市場減少トレンドで成長する“顧客密着”経営」
渡辺パイプ株式会社 代表取締役副社長 渡辺圭祐氏

渡辺パイプ株式会社は建築資材流通商社を主業とし「すべてはお客さまのために」をモットーに、
顧客第一主義、モノではなく顧客の困りごとを解決する「コトを売る」事業構想を展開し、
住設・管材分野で売上全国1位を成し遂げ、その売上は3139億円(グループ連結・2021年3月期)に達しています。

新築住宅着工数が減少する市場にあって、なぜ渡辺パイプは大きく成長できたのか?
同社が取り組んだ、新業態の立ち上げ、業務のデジタル化、ITを活用した農業関連ビジネス等について、詳しくお話しいただきます。

「第94回経営戦略セミナー研究会全国大会2021」の詳しい内容とお申込みはコチラから⇊

 

 

 

船井総研では、工務店・ビルダー・住宅会社の皆様の業績向上(集客・受注の向上)のために、
下記のコンサルティングサービスをご提供しております。お気軽にお問合せくださいませ。

<船井総研がご提供するサービス一覧>

▸業績アップの情報が毎週配信される無料の業績アップメルマガの登録はコチラ
▸住宅業界の動向やこれから打つべき一手がわかる最新セミナー開催情報はコチラ
▸全国のビルダーの最新成功情報を仕入れられる!経営研究会の無料お試し参加はコチラ
▸住宅業界専門コンサルタントへの個別の無料経営相談はコチラ
*今回の記事に対するお問い合わせは、ご相談・問い合わせ内容に「西村」とご入力ください