船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COMZEH・高性能住宅

【緊急告知】土地坪単価が高いエリアの住宅会社様向け無料ダウンロード資料公開!


■土地坪単価が高く、集客・営業で悩まれている住宅会社様へ

いつも船井総研のお知らせメールをお読みいただき、ありがとうございます。
今年の10月には消費税が10%に増税されると言われております。

集客がこれからは厳しくなると推測されている中、
消費者の購買意欲の低下、ローコストパワービルダーの進出も相まって、
これまでの戦い方では生き残っていけなくなります。

今までの様に、チラシをとにかく打つ!販促費を沢山かける!
というだけでは集客はできません。また、集客ができたとしても
契約まで繋がりにくいです。

そこで重要になってくるのが、
「今まで以上にお客様の心理状況にあわせた的確なセールス」です。

詳しくはこちら!

土地坪単価が高い商圏においては、スマホの普及率も高く、
情報収集媒体はWEBがほとんどとなります。

会社の認知度を上げるため、会社のブランド力を高めるため、
販売促進をするためには、間違いなくWEB上での戦いが
必要となります。

全国的に集客が難しくなっているのは、
お客様が来店前にWEBで情報収集して、どの住宅会社
に行くべきなのか事前に検討してから来場するようになったからです。

最近、住宅に対する知識を持ったお客様が増えてきている
のではないでしょうか。
お客様がプロ化してきているのです。

このような状況で集客力を伸ばすためには、
お客様の心理に応じたWEB上での露出度を高めることです。
そして、WEB反響に対して
自動でお客様の心理状況に合わせたマーケティングを行う
システムを組わせたサイバー上の集客と顧客心理に合わせたトーク
マニュアルを活用したTELアポをしていくことです。
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/seminar/042946_lp/

神奈川県の秀建様も土地坪単価が高いエリアで住宅事業、
不動産事業、リフォーム事業をされています。

土地坪単価が高いエリアという事でお客様の価格が合わずに
苦戦されていることもありました。
当初はチラシでの集客を図っていましたが、
時代の流れとともに紙面媒体が弱まりWEB媒体が強まってきたため、
集客力が低下していきました。

また、集客できたお客様も既に他の住宅会社で
商談が進んでいるというケースが増えました。

そこで、WEB集客に力を入れ、来場前に始まっているサイバー
上での競合との戦いに備えた対策を講じることで集客力を大幅に
引き上げることができました。

集客媒体ももちろんですが、坪単価が高いエリアで競合となりうる
パワービルダーと差別化するための商品戦略として付加価値を付け
ているので、集客が厳しくなってくる昨今においても地域で存在感を
出すことができています。

そんな秀建様がゲスト講師として
船井総研のセミナーに登壇してくださいます!

是非、この機会を活用して頂ければと思います。
奮ってご参加ください。

秀建様セミナーはこちら!