船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COMZEH・高性能住宅

成功事例紹介 – ヤマト住建株式会社

ヤマト住建株式会社 代表取締役会長 西津昌廣 様

ヤマト住建株式会社 代表取締役会長 西津昌廣 様

皆様もご存知の通り、住宅業界は少子高齢化、10%増税もあり、
市場が縮小することは間違いありません。しかし、こんな時代だからこそ我々住宅会社経営者は、よく学び、よく考えて次世代を担う若者や地域に元気を与える会社を作っていくべきだと思います。
そして、地域一番店になったら大変な時期になっても、生き残れる。
なにも県で一番にならなくても、地域の工務店は、まず市で一番とか、ZEHで一番とか限られた範囲で一番になればいいんです。

船井総合研究所との関わり

Before

今からおよそ30年前、
1987年11月神戸市灘区にて創業。
資本金200万円。チラシ広告も打てず
夜中にビラを張り続ける日々・・・
創業したのは31歳。住宅会社に就職したもののお客さんのことを
考え、色々と会社に提案しても、なかなか受け入れてもらえず、
「これでは自分の想いを成し遂げられない」という気持ちが強くなり、
独立を決意しました。
しかし、そのときの手持ちの資金は200万円。宅建協会に供託金
など150万円を支払うと、残りは50万円。チラシ広告も打てません。

妻と夜中まで電柱にビラを張り続ける毎日でした。誇張するわけ
ではありませんが、ビラの数は何十万枚という数にまでなりました。
苦しい時代でしたが、強い信念を胸に前を向き続けました。
夢の実現のために、そして、当社の経営理念である「万人の喜び」
のために。
2005年から建売・マンション事業が軌道に。
172億円の地域有数の住宅会社に成長。
永遠に終わらない価格競争に不安も。 
ひたむきな努力が実ったのか、積極的な投資と仕掛けにより建売と
マンション事業が徐々に軌道に乗り始め、毎年販売棟数を伸ばして
いきました。社員数も増え、ピーク時には建売約300棟、マンション
約300棟で売上は172億円まで成長することができました。

しかし、「他社が下げればこちらが下げる、こちらが下げれば他社が
下げる」という永遠に終わらないであろう価格競争に「このままで
いいのか」と不安があったのも確かでした。
2008年のリーマンショックを期に
業界不況で価格競争がさらに激化。
「自社を選んでもらう」
確かな理由を探し求める。
2008年に起こったリーマンショックを期に、建売・マンションの価格
は破壊され、各社値下げやキャンペーンを重ね何とかこの不況を乗り越えようと必死でした。弊社も社員全員で努力を重ねましたが、
売上も2008年以降は業界と共に落ち込んでいきました。
不況に陥ったことも確かですが、マーケットが縮小する中で建売・マンションの価格競争・レッドオーシャンの中では「自社を選んでもらう」確かな理由がなかったのです。
これまで支えてくれた家族のために、日々必死に戦っている社員のために「どうにかせな」と、日々セミナーや勉強会に参加したり、コンサルタントに依頼したりして復活の兆しを探し回っていました。

Action

船井総合研究所と1人の若手社員の声をきっかけに建てた
1棟の高性能モデルハウス。その
若手社員を信じたのが始まりだった。
そんな中、あるサッシメーカーさんとの出会いがありました。
それまで高性能な窓は高くて使ったことがなく、交渉に来られた
メーカーさんのお相手を1人の若手社員に任せていたんです。

後日、その若手社員から声を掛けられました。
「社長、このサッシいいですよ!これまでのサッシと違って
めっちゃ暖かくて健康にも良いみたいなんです!」

と勢いよく力いっぱいに言われ、この機会に色々チャレンジも必要だと思い「ほな、一回試しにやってみよか!」と半信半疑ながらも、そのサッシを使って断熱性の高いモデルハウスをすぐに建てました。

その社員を信じたのがすべての始まりだったのです。

After

高性能モデルハウスが大好評 !
社員の自信に満ちた顔とお客様の笑顔
を見て注文住宅を0からスタート
することを決意。
1棟目のモデルハウスにお客様を案内すると、寒い冬の時期でしたので、まず暖かさに驚かれていました。「全然違う!」と。それをきっかけに建売の仕様を高めて宿泊体験を始めてみました。そうすると高性能な建物の契約が次々と決まっていったのです。

不思議なもので、それまで売れずに悩んでいた営業スタッフが売れる度に自信に満ち溢れていき、契約もどんどん増えて、お引き渡ししたお客様の笑顔や住み心地の感想もこれまでと全く違いました。

それを見て、「これでいくしかない!」と注文住宅事業を0から
スタートすることを決意しました。
年間3棟の注文住宅未経験営業が
年間12棟受注できるように!!
その秘密は、全館空調「YUCACOシステム」
標準装備の「ぬくぬくハウス」の
移動式モデルハウスをお客様に
宿泊体験していただくだけ。
分譲住宅、建売住宅の売り方と、注文住宅の売り方では全く異なります。その中で、注文住宅未経験営業は高性能住宅の売り方に苦戦いたしました。
そこで、体験していただかないと全館空調の良さがわからないと思い、移動式モデルハウスを宿泊体験可能にいたしました。すると、年間3棟の注文住宅未経験営業が、ただお客様を宿泊体験させるだけで、年間12棟受注できるようになりました。それに付け加えて、毎日全館空調の説明をできるようロープレを実施し、未経験営業でも競合負けせずに「ぬくぬくハウス」を受注できるようになりました。
外断熱の家「エネージュ」で2009年
ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー
優秀賞を初受賞。
2009年にサッシメーカーさんに勧められ、ハウス・オブ・ザ・イヤーの審査にチャレンジやと思って出してみました。そこで初めて優秀賞をいただけて、それが良い風が吹くきっかけになりました。2015年、省エネ性能住宅全国No.1として
念願の大賞を初受賞 !
また、地元のお客様に認めていただけた。
そして、2015年には日本における省エネ性能住宅No.1として念願の大賞を受賞しました。「ヤマト住建は建売やったけど注文住宅で断熱性能の商品で全国で大賞を取れるような会社になった」
とまた、地元のお客様に認めていただけるようになったと思います。
ZEH標準対応住宅商品のみで
2015年 年間340棟達成(完工)
2016年 年間428棟達成(完工)
2017年 23拠点・年間528棟達成(完工)

住宅業界全体が認める

全国No.1のZEH・高性能住宅

先進ビルダーへ
大賞受賞後、ZEH標準対応住宅でさまざまな予算・客層に合わせた商品ラインナップを展開。2018年現在で全国23拠点にまでなり1店舗あたり年間30棟~50棟のZEH住宅を安定してお引き渡ししています。
住宅業界全体にも認めていただけるような全国No.1のZEH・高性能住宅性能ビルダーを目指し、これからも1家族でも多くのご家族様に健康で快適な住まいを社員と共にお届けしていきたいと思います。
ヤマト住建が価格競争をやめ
高性能住宅を0からスタートし
どこよりも選ばれる会社になった
本当の理由は?
建売・マンション事業しかしたことの
なかったヤマト住建様が高性能住宅に
0から取り組み、どこよりも地域の
皆様に選んでいただける会社になったのは
以下の4つの理由があります。
①ZEH・高性能注文住宅専門
  へ業態の絞り込み。

②大手ハウスメーカーの性能
  と同等以上の冠商品と
  低価格なZEH商品を開発。

③健康で快適な暮らしへの
  共感を得る仕組みを構築。

④ハウス・オブ・ザ・イヤー受賞等
  ZEH住宅No.1ブランドの確立。

社名 ヤマト住建株式会社
担当者名 西津昌廣
役職 代表取締役会長
設立 1990年
売上 ¥7,000,000,000
社員数 283名
事業内容 注文住宅事業
本社所在地 兵庫県 神戸市 中央区浜辺通 5丁目 1-14