船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COMZEH・高性能住宅

たった2万円でチラシの倍表示!イベントリマーケティング広告とは?【ZEH・高性能住宅】

コンサルティングコラムをご愛読いただき誠にありがとうございます。

船井総合研究所住宅コンサルタントの前田和治です。

いつもご愛読いただき、誠にありがとうございます。

今回のテーマは「住宅イベントリマーケティング広告」です。

「チラシが当たらない。」とのご意見を経営者の皆様からたくさん問い合わせいただきます。

その理由は、皆様もお気づきとはございますが、スマホを誰もが持つようになり、WEBにお客様もシフトしているということです。

「それはわかっている。でも、WEBでどうやってイベント集客をしたらいいの?」と思われる経営者様・マーケティング担当者様も多いのではないのでしょうか?

そこで、私たちがとてもお勧めしているのが、「イベントリマーケティング広告」になります。

私の前の記事では、「集客のベンチマーク数値」を解説さえていただきました。

みなさま、そちらの記事は読んでいただけましたでしょうか?

下にURL貼っておりますので、まだの方は読んでいただければ幸いです。

1組お客様にチラシで来場していただくには約5万円かかるというものがベンチマーク数値になります。

しかし、今WEBマーケティングは住宅業界で言うとまだまだ取り組んでいる会社が少ないです。

「イベントリマーケティング広告」を実施すると、たった2万円でチラシのだけでの倍以上の表示がされて、集客ができます。

リマーケティング広告

リマーケティング広告

リマーケティング広告とは?

「そもそも、リマーケティング広告とはなんだ!」となっている方も少なくないと思います。

実際にこの広告を使っている会社は本当に数少ない先進ビルダー様だけだからです。

それでは、リマーケティング広告とは何かというところをご説明させていただきます。

リマーケティング広告とは、自社のHPに訪問した方を追いかけていく広告です。

つまり、チラシだと住宅購入を検討していないお客様にも届くため費用対効果悪くなりますが、リマーケティング広告は自社のことを知っている見込み度の高い(住宅購入をしている人しかそもそも自社のHPにこないですよね)お客様に対してのみ配信されるので、費用対効果良く販促をかけられます。

こんな広告をやらない手はないということです。

こちらを始めるにあたって、「Googleアドワーズ」のアカウントを作成する必要があるのですが、そちらはGoogleに問い合わせお願いいたします。

イベントリマーケティング広告の具体的施策

次に、イベントリマーケティング広告についてです。

「リマーケティング広告をやるのはいいが、どういったものを配信すればいいのか?」という話ですよね。

基本的には、イベントリマーケティング広告つまり、イベント情報を載せた広告を配信するのがいいです。

以下に参考例を載せます。

リマーケティングバナー参考

リマーケティングバナー参考

このように、「イベント名・商品コンセプト・日にち・住所・ロゴ」を入れ、「チラシと同じテイスト」で作成することがポイントです。

これ以上入れるとスマホで見た際に情報が見ずらいため、このくらいの情報量で押さえます。

なぜ「チラシと同じテイスト」で作成するかというと、「チラシはだいたい、イベントの1日前に新聞の折り込みでポストに届きます。」というパターンが多いと思います。

しかし、こちらは、「イベント名・商品コンセプト・日にち・住所・ロゴ」だけで作れるので、チラシが出来上がる前に完成せることができますし、チラシがポストに入る前から告知ができます。

そうすることで、チラシを見た際に、「いつもスマホで見るものだ。」とチラシからの集客も最大化させることができます。

また、このバナーの中だけでは、情報をあまり載せれないので、しっかりとHPのイベントページに「どういった建物なのか、イベント内容なのか、どういったお客様に来て欲しいのか」を記載する必要がございます。

以下に使用するサイズ、お客様の流れ等まとめましたので、見てください。

リマーケティング広告例

リマーケティング広告例

イベントリマーケティング広告を運用することで、得れた結果

リマーケティング広告結果

リマーケティング広告結果

上記の広告を配信した結果を上記に載せています。

チラシは5万部折り込み(製作費+印刷費+ポスティング非=40万円程度)を行いました。

しかし、こちらのリマーケティング広告の結果を見てください。

114656回もWEB上で表示がされております。

実質チラシの倍以上の表示回数になっております。

そのうえ、このリマーケティング広告はクリック課金型、つまり表示されるだけではお金がかからず、興味があり、HPに訪問した方にのみお金がかかるので、114656回も表示されているのに25497円しかかかっておりません。

すごくないでしょうか?

結果、このバナーからの直接の来場は3件、チラシも含めると22件の来場がこのイベントで集客することができました。

バナー単体で見ると来場単価約8000円、チラシ込みでも約18000円と、ベンチマーク数値とされている5万円をはるかに下回っております。

是非、これをご覧の方はリマーケティング広告をスタートしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本日は、「イベントリマーケティング広告というテーマでお話させて頂きました。

今回の話の流れをお伝えします。

まず、「リマーケティング広告とは」ということで、「一度HPに訪れた方を追客する広告」だとリマーケティング広告の説明をさせていただきました。

そして、「リマーケティング広告」を運用するにあたり、「イベントのチラシと同じテイスト」「イベント名・商品コンセプト・日にち・住所・ロゴ」を踏まえてバナーを作成する必要があるという説明をさせていただきました。

結果、たった2万円でチラシの倍の表示回数、ベンチマーク数値とする5万円の来場単価を大きく下回る2万円以下で集客を可能にするというデータも載せさせていただきました。

是非、集客にお困りの経営者様・マーケティング担当者様、初めて見てはいかがでしょうか?

今回も、船井総合研究所の前田和治によるコンサルティングコラムを読んで頂きまして、ありがとうございました。

この場では、触りの部分のみをご紹介しておりますが、更に詳しいお話もできるかと思います。相談会などをフル活用して頂き、業績アップに貢献できればと考えております。

無料経営相談 お申し込み

また、経営相談も実施しておりますので、何かございましたらお気軽にお申し付けくださいませ。

これからも宜しくお願い致します。

また、前回の記事もこちらに掲載させて頂きますね。ぜひ、ご覧ください。

地方商圏の住宅業界集客ベンチマーク数値とは?【ZEH・高性能住宅】

コンサルティングコラム 編集担当 前田和治