船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM増改築ビジネス増改築
ビジネス

【Q&A】WEBからの受注数を爆発的に上げる秘密

 
皆様、こんにちは。船井総合研究所の松谷満です。

本日は、大型リノベのWEB集客について、よくご質問をいただく内容についてQ&A形式でお答えしていきたいと思います。

皆様も、同じような疑問をお持ちかと思いますので、ぜひこの機会に疑問を解消してください。

Q1.

1000万円クラスのリフォームのお客様は50代以上のシニア層がターゲットですが、
本当にWEBからの問い合わせはくるのでしょうか?

特に60代のシニアなどはスマホが不得意なイメージがありますが・・・

A1.

1000万円クラスのリフォームをされるシニア層は、比較的金銭面に余裕のあるシニアの方が多いです。

そのような方は、バリバリ仕事をされてこられた自営業の方やサラリーマンでも所得が多いお客様です。

貴方の周りの方を想像してみてください。

貴方のお知り合いのあの70代の社長様でさえもスマホをいじっていませんか?

私も最近、“70代くらいの方がスマホで飛行機の予約をして、
その後Youtubeを開き落語を見る”という光景を間の当たりにして驚きましたが、そういう時代になってきていることは確かです。

ですから、一括りに「シニアはスマホが苦手」と認識をしてしまうのではなく、『誰をターゲットにしているのか?』、
『これからWEBはどういった立ち位置となるのか』をもう一度考え直してみてください。

Q2.

大型リノベの専門サイトを作る上で、問い合わせのゴール設定はどのようにされていますか?

A2.

大型リノベ専門サイトの場合、問い合わせコンテンツのゴールは多岐にわたります。

リノベ資料請求・見積依頼・来店相談などが標準的ですが、ここ数年、『建物診断申込』という問い合わせも増えてきています。

また、私たちがオススメしているリノベーション展示場をお持ちの企業様は、
『モデルハウス来場予約』というコンテンツも大変有効です。

やはり、実際にリノベーションをした家を見てみたいというニーズはとても高いです。。

Q3.

紙媒体とWEBでの問い合わせの比率は、どれくらいでしょうか?

A3.

地方都市ではWEBからの問い合わせが総反響の2~3割ぐらいを推移してきます。

ここ数年でデジタルシフトが加速した実感があります。

また、大都市圏などではWEB反響100%で1000万円クラスのリフォームを集め、
月間売上5000万円越えという会社様もいらっしゃいます。

もし「うちはWEBはまだいいかなぁ~。チラシで十分。」と考えておられる会社様がいるとすれば、それは今の時代、
そしてこれからの時代に取り残されていくことは間違いありません。

WEBからの集客を検討されなければならない時代に突入したと考えたほうが良いと思います。

今回は、大型リノベ案件のWEB集客について初歩的な内容のQ&Aをお伝えしました。

ぜひこれを機にWEB集客の導入について検討されてみてはいかがでしょうか?

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
ぜひ、船井総研の経営コンサルティングセミナー情報などご観覧下さい。

《執筆者》
株式会社 船井総合研究所
松谷 満 Matsutani Mitsuru

【経歴】
大学卒業後、(株)船井総合研究所入社。入社後、数々の現場を経験し、自らのコンサルティングスタイルを確立する。
現在は、不動産、建築業を中心に現場の方が、使いやすく、即効性のあるマーケィングを得意とする。
「テクニック論ではなく、今、本当にやらなければならない事を見極め、提案し、行動すること」という信念のもと、
年間250日以上を現場での調査と業績アップ支援に充てている。