船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM超ローコスト住宅
・規格住宅

社員4人の住宅事業部が、売上5.5億、粗利1.3億まで成長しました!

有限会社桃栗柿屋

滋賀県東近江市

有限会社桃栗柿屋 木田幸宏 様

有限会社桃栗柿屋 木田幸宏 様

2018年に滋賀県東近江市で超ローコスト専門店「ももくりの家」を立ち上げ、1年間に30棟の受注を実現。特に営業2名の内、1名は営業経験がほとんどないにも関わらず月1棟の受注を達成している。

船井総合研究所との関わり

Before

2014年に住宅事業部を立ち上げ、3年目には4名で16棟受注した。しかし、その頃から①ハウスメーカーと価格勝負になり、負けた②商品を増やしてみたけど売上が上がらない③営業の属人性が高く、後に続く人材がいないなどの問題が起きた。

Action

広がっていた客層の絞り込みを行った。狙う客層は、建物の性能より購入後の月々の支払いが気になる方。販促も価格を目立たせること、その1点に特化して集客を行い、商品もローコスト住宅にかじを切りなおした。

After

その結果、ハウスメーカーなどで断られた方が多く来場し(対策をしっかり練れば通るお客様)、他社と差別化した戦略は1年で30棟受注するまでに至った。苦労するポイントは、競合を潰すトークではなく、ローンを通す知識をつけることのみだった。

思い出に残るエピソード

桃栗さんが業績を伸ばす上で、徹底的に意識したポイントは「生産性向上」です!

社員4人の内訳は、いかになります。
マネージャー:1名
営業:2名
施工管理:1名

STEP1:客層を絞り込むことで、支払いに不安がある方を集客
    (=家づくりにそこまでこだわりがない)
STEP2:お客様の不安がお金に統一されているため、資金面が解決すれば、ウチで即契約につながる
STEP3:客層が絞れているため、同じ営業トーク(資金計画)がささる
STEP4:家づくりにこだわりが少ないため、規格住宅で落とし込める
STEP5:規格住宅だと現場監督1名で30現場まで見ることが可能

さかのぼると、客層の絞り込みを行うことで、社員4名30棟契約を実現しました!

社員4人の住宅事業部が、売上5.5億、粗利1.3億まで成長しました! 社員4人の住宅事業部が、売上5.5億、粗利1.3億まで成長しました!
社名 桃栗柿屋
本社 滋賀県東近江市
新築事業部責任者 木田幸宏
創業(設立) 2004年
ローコスト事業
立ち上げ時期
2018年9月
業務内容 リフォーム、不動産、新築
社員数 25名
実績
(契約棟数・営業利益等)
新築30棟受注
売上9.8億円