船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM平屋住宅

平屋住宅ソリューション

平屋住宅ソリューションとは、近年シニア層のみならず、ファミリー層からもニーズが高まりつつある平屋住宅に特化して、集客から営業までを行う平屋専門店の立ち上げ・運営をするビジネスモデルです。大手ハウスメーカーではなかなか取り扱わない、22坪前後の使い勝手がよく、リーズナブルな、平屋住宅を提供しています。 事業参入1年で40棟を平屋だけで受注することに成功した企業の「売れる商品企画」「平屋が欲しいお客様の効率的な集客方法」「新卒や業界未経験者でも受注ができる営業手法」などのノウハウを体系化することに成功。現在では全国に先駆け20社以上に同ノウハウを提供し業績アップを実現してきた実績のもと、皆様をサポートをいたします。

平屋住宅ソリューションの特徴

1集客

平屋住宅専門店では平屋のモデルハウスでの見学会をメインに集客を行っていきます。平屋モデルハウスで見学会を行うにあたって集客を最大化できるモデルハウスのエリアや立地の選定、反響率を高めるチラシやウェブサイトの制作ノウハウを提供します/p>

  • 現場告知

    現場告知

  • チラシ

    チラシ

  • HP

    HP

2営業

平屋が気になるお客様の要望や不安に特化した応酬話法を丸覚え!動画とマニュアルで徹底的に覚え、実戦形式のロールプレイング形式で習得していただきます。 一般的に難しいといわれる平屋の営業を新卒や業界未経験の素人の方でも契約できるように落とし込みます。

  • 練習風景⑴

    練習風景⑴

  • 練習風景⑵

    練習風景⑵

  • 営業マニュアル

    営業マニュアル

3商品

多く住宅会社様がご存知のように平屋は高くついてしまいます。そのため、少しでもリーズナブルな価格で提供していく仕組みが必要になって決ます。平屋専門店では、商品プランの規格化によって設計業務の効率化や現場工事期間の短縮化を目指していきます。

  • プラン⑴

    プラン⑴

  • プラン⑵

    プラン⑵

  • 実行予算書

    実行予算書

大手ハウスメーカーが手を出さない
商品ラインナップで平屋マーケットへ参入

平屋住宅は、東日本大震災以降あたりからシニア層のみならず、ファミリー層からもニーズが高まっているものの、その難しさから住宅会社がなかなか積極的に販売することができていない状況にあります。
近年大手ハウスメーカーが平屋の商品ラインナップの充実化を図り、伸び行く平屋需要への対応を着実に進めていますが、ハウスメーカーの価格帯を考えると、平屋は欲しいものの、金額的にもなかなか購入が難しい客層が一定数存在しています。
こうした客層に向けて平屋住宅専門店では大手ハウスメーカーではあまり手を出せない商品を企画し、よりリーズナブルな金額で提供することで、成長している平屋マーケットへの参入を実現していきます。

無料業界最新動向レポートダウンロード

業界時流予測・急成長ビジネスモデル提言・最新成功マーケティングレポートなど
株式会社船井総合研究所が発行する報告書やセミナー内容の一部をダウンロードしていただけます。

平屋住宅収支計画

※左にスライドしてください

売上(受注ペース) 25棟×1,500万円=3億7,500万円
粗利益 1億1,250万円(30%)
粗利益 人件費(610万円×6人)
3,660万円(6人)
広告宣伝費(4万部×18回)
※宣伝方法=新聞折り込みペース換算
720万円(4万世帯)
展示場経費(15万円/月×12ヶ月) 180万円
事務経費 600万円
収支(営業利益率14%) 6,090万円

注文住宅事業の中でもローコスト住宅の専門店として立ち上げることで、営業マンの早期育成、規格化による工期短縮、原価削減が可能になります。モデルハウスも低価格だからこそ、売却しやすく次の展開や事業計画が明確になります。集客方法・営業手法が分かりやすく、事例も豊富なため新規参入や業界素人の方でも取り組みやすいビジネスモデルです。

平屋住宅専門店の集客

モデルハウスを年3回転する
ことで「集客」の仕組み化を実現

  • 集客できる立地の選び方
  • 平屋が気になるお客様だけが集まる現場告知の方法
  • 最新の当たるチラシの作り方・撒き方
  • 平屋住宅専門店のWEB集客手法
  • お客様に覚えてもらえる平屋ブランドのつくり方

平屋専門店の営業

驚異の契約率20%を
超えるための「営業」の仕組み化

  • すぐ使える営業マニュアル
  • トップセールスの営業トークを動画マニュアル化
  • お客様の悩みを解決するための営業ツール
  • 実践的ロールプレイング

平屋専門店の商品

22坪前後のプランを中心とした充実商品ラインナップ

  • マーケットニーズに即した平屋商品ラインナップの拡充
  • 規格化の追求による現場業務の効率化
  • 作業効率の向上によるコスト削減

平屋専門店立ち上げの数値モデル

※左にスライドしてください

(税抜)1年目2年目3年目4年目売上(受注ペース)8棟×1,200万円=9,600万円15棟×1,200万円=18,000万円24棟×1,200万円=28,800万円30棟×1,200万円=36,000万円粗利2,400万円 (25%)4,860万円(27%)8,640万円(30%)10,800万円(30%)販管費人件費(3人)1,500万円(4人)2,000万円(6人)3 ,000万円(7人)3,500万円広告宣伝費540万円864万円1,080万円1,296万円展示場経費120万円120万円120万円120万円事務経費192万円360万円576万円720万円収支48万円656万円3,864万円5,164万円

平屋住宅事業の基盤を作るためのビジネスモデル。
時流にあった商品に特化したビジネスモデルを社内に構築することで、
受注効率と生産効率を上げ、会社の生産性を上げることが出来ます。

無料業界最新動向レポートダウンロード

業界時流予測・急成長ビジネスモデル提言・最新成功マーケティングレポートなど
株式会社船井総合研究所が発行する報告書やセミナー内容の一部をダウンロードしていただけます。

船井総合研究所 シニア経営コンサルタント
鶴田隼人

船井総合研究所 シニア経営コンサルタント
鶴田隼人

現在の平屋人気の背景には、少子化や核家族化、家族の高齢化が進んでいることが挙げられます。平屋の特徴は生活がしやすいこと、無駄が省けること、耐震性が高いこと、コンパクトであるため総額が抑えられることなどがあります。まさに少子・高齢化時代に適した住宅であることがわかります。平屋専門店を展開することで、平屋市場において地域一番店を目指していきます。