船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM不動産仲介&
中古住宅

2019年7月23日

不動産売却専門店ビジネス研究会7月度例会

2019年7月23日


開催日:2019年7月23日
開催場所:弊社丸の内オフィス

7月23日に「2019年7月度 不動産売却専門店ビジネス研究会」が開催されました。

今回の例会ではなんと約50名の方々にご参加いただきました。
お集まりいただきました皆様、誠にありがとうございました。

講座と致しましては、

●第一講座:媒介取得後の販売率60%を達成する秘訣とは!

●第二講座:中古仲介時にリフォームを搭載する業務フローを紹介!

の二部構成で開催されました。
その内容をお送り致します。

媒介取得後の販売率60%を達成する秘訣とは!

第一講座は、「媒介取得後の販売率60%を達成するためのポイント」と題しまして、
株式会社 mobility様 山崎隆馬様よりお話しいただきました。

受託物件の販売率において年間60%を達成するための動きについてお話しいただき、具体的には、
1.訪問査定時に相場価格を必ずお客様にお伝えする
2.自社で行う販売活動を詳細にお伝えする。
3.販売活動を実施しきり、価格を下げないと販売ができないとお伝えする
の3点についてお話しいただきました。

訪問査定、受託時のポイントとして、
訪問査定時に現在の市況、ターゲットとなるお客様のニーズ、販売までの期間とその際の価格変更の説明をまとめた提案書を作成されていること、
また、受託後に速報チラシ、単体チラシ、集合チラシの順でチラシを実施していることをお話しいただきました。

販売活動、ランクアップ対応として、
2週おきの媒介報告を徹底し、その内容においては、
・売却活動の報告
・市況の状況
・ポータルサイトのプレビュー数の報告
・次回報告日
に関しての内容を報告されているとお話しいただきました。
売却活動を十分におこなっていることをお客様にご理解いただくことで価格を下げることにご納得いただいております。

中古仲介時にリフォームを搭載する業務フローを紹介!

第二講座は、「中古仲介時にリフォームを搭載する業務フローを紹介!」と題しまして、
塔本和哉よりお話しいたしました。

契約1件あたりの収益性向上と、中古物件流通による社会性も併せ持つ中古リフォームにおいて、
1.提案、予算取りがしやすいようにリフォーム商品パックを作成すること
2.仲介+リフォームの提案営業を実施すること
3.自社で請負ができる体制を整える工務担当者の採用を行うこと
の3点がポイントとなっております。

特に、リフォームのパッケージ商品化に関しては、
材料費、工事費込みでの金額で営業社員様が予算取りを行うことを容易にします。
そして、自社で請負ができる体制を作ることで
35%の粗利率を獲得できる商品設計を行うことができます!

後半では、リフォームの見積もりツールである「イエプロ」の説明として、
株式会社リフィードの今村浩輔様にお話しいただきました。
イエプロとは、リフォーム業界未経験の不動産営業担当者様であっても、
その場でのリフォーム価格の概算を行うことのできるツールです。

・大工人工原価
・施工粗利
・商品粗利
・諸経費
の4項目を設定するだけでリフォーム価格の見積もりを行うことができ、中古+リフォームの提案営業をよりスムーズに行うことができます!

今回の不動産売却専門店ビジネス研究会7月度例会ですが、
総勢約50名の方々にご参加いただきました。
参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

次回は、8月23日に不動産売却専門店ビジネス研究会8月度例会
を開催いたします。
皆様是非、ご参加ください。