船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM資産管理・会員制賃貸ビジネス・不動産テック

「売上意識から生産性意識へ!反響来店率増加のために経営者が取るべき対策を公開!」

反響数は伸びているけど、反響来店率が落ちている。。。
そんな会社様は必見です!!
賃貸仲介における反響来店率アップのカギは、返信スピードと追客です。

皆様、いつもお世話になっております。
船井総合研究所 不動産テックチームの河野将史です。
何卒宜しくお願い致します。

『生産性』=社員一人あたりの力と言われております。
近年、賃貸業界は業務効率化が非常に注目されています。
賃貸管理においては、愛媛県松山市の「三福管理センター」様が
1000戸を社員数1.5名で運営している高生産性のモデルがあります。
賃貸管理においての高生産性のポイントは下記の2点です。
① 外注化
② パート化
入居者対応は外注化、巡回清掃など質が落ちないものはパート化。
以上を徹底することで、社員一人当たり生産性2500万円を実現しました。

ここからは本日のテーマである『賃貸仲介』のお話になります。
賃貸仲介の生産性向上のカギは、デジタル化と専任化です。

<デジタル化>
①AIによる反響対応
②スマートキーボックスの導入
③電子署名の導入

<専任化>
①WEB戦略室の構築

本日は東京都池袋に本社を置くアルプス住宅サービス様をご紹介させて頂きます。
アルプス住宅サービス様は、上記のように徹底的なデジタル化と営業と
反響対応の専任化をしております。

徹底した不動産テックの活用により、一人当たり生産性が700万円→1400万円まで
向上しました。
また積極的なデジタル活用と営業マンが営業に専念できる体制を構築することで、
ムダな業務を省き高生産性を実現され、
反響数がアパマンショップ全国1位(※2016年度)となり、
AIによる自動追客の導入を決意しました。
その結果、WEBからの反響来店率が2.5倍、
営業利益が20%を実現された会社様になります。

【詳細はこちらから!】
https://lp.funaisoken.co.jp/fhrc/seminar/041290_lp/

その会社様は、東京都池袋のアルプス住宅サービス様です。
賃貸仲介の社員生産性2.5倍になった秘訣と
1店舗当たり管理戸数が200戸増加をされています。
その秘訣をセミナーにてご講演いただきます。

そして東京都池袋において “狭商圏でシェア一番化”、
WEB戦略室の構築フローや反響獲得数 ・反響メール対応に対するテンプレート文を公開
・AIチャット導入フローと顧客属性別の追客の方法 ・勝てる商圏の設定方法
・管理拡大のためのオーナー提案方法 賃貸仲介&管理において”狭商圏一番化” を
実現する客付方法を大公開していただきます!

【詳細はこちらからご覧ください!】
https://lp.funaisoken.co.jp/fhrc/seminar/041290_lp/

この繁忙期で反響来店に苦しんだ会社様、
繁忙期後の業務効率化へスムーズに移行できるよう、
しっかりとした対策を行っていただければ幸いです。
以上になります。

お読みいただき誠にありがとうございました。