船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM資産管理・会員制賃貸ビジネス・不動産テック

「働き方改革関連法が2019年4月に施行! 賃貸管理業の経営者が取るべき対策をわかりやすく公開!」

賃貸管理会社様向けに働き方改革法案をわかりやすく解説!
皆様、いつもお世話になっております。
船井総合研究所 不動産テックチームの神山巧です。
本年も何卒宜しくお願い致します。

さっそく本題ですが、年間200社以上の賃貸管理会社様とお話する機会がありますが、
賃貸仲介業に従事される皆様からよく聞く言葉ランキングベスト3として、

1位 細かく煩雑な業務が多い
2位 休めない
3位 儲からない

が挙げられます。
特にこれらは、昨年から今年にかけて多くお聞きする印象があります。
そんな中、2018年6月29日、参院本議会で「働き方改革関連法案」
(正式名称:働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案)が可決・成立しました。
同法案が2019年4月1日に施行されることに伴い、賃貸管理業の経営者の皆様におかれましては、
今後社内の働き方改革をより一層重要視されていることと思います。

主に下記6つが働き方改革関連法のポイントになります。

(1)残業時間の上限規制の変更
(2)有給取得の義務化
(3)勤務間インターバル制度の導入
(4)同一労働同一賃金
(5)割増賃金率の猶予措置撤廃
(6)高度プロフェッショナル制度の創設

特に賃貸管理業界に大きく関わってくるのは、
「(1)残業時間の上限規制の変更」と「(2)有給取得の義務化」です。

(1)に関して簡単にご説明すると、
残業時間の上限が原則は「月45時間、年360時間」とこれまでと同じながら、
臨時的な特別な事情がある場合でも
年720時間、単月100時間未満(休日労働含む)、複数月平均80時間(休日労働含む)を限度に
設定され、違反企業には罰則が設けられます。
(2)に関しても簡単にご説明すると、
年10日以上の有給休暇が付与される労働者に対し、5日間の取得が義務付けられることになり、
違反企業には同じく罰則が設けられます。

賃貸仲介会社様ももちろん例外ではなく、これらの法を遵守するためにも、
4月までに「社内業務のムダ・ムラ」を取り除きつつ、
業績を上げ、生産性を高めるというハードルの高いミッションが課せられることになります。

そんな中、ムダな業務を省き高生産性を実現され、
アパマンショップ反響数全国1位(※2016年度)の会社様をご紹介します。

【詳細はこちらから!】
https://lp.funaisoken.co.jp/fhrc/seminar/041290_lp/

その会社様は、東京都池袋のアルプス住宅サービス様です。
賃貸仲介の社員生産性2.5倍になった秘訣と1店舗当たり管理戸数が200戸増加をされています。
その秘訣をセミナーにてご講演いただきます。

そして東京都池袋において
“狭商圏でシェア一番化”、WEB戦略室の構築フローや
反響獲得数 ・反響メール対応に対するテンプレート文を公開 ・AIチャット導入フローと
顧客属性別の追客の方法 ・勝てる商圏の設定方法 ・管理拡大のための
オーナー提案方法 賃貸仲介&管理において”狭商圏一番化” を実現する客付方法を
大公開していただきます!

【詳細はこちらからご覧ください!】
https://lp.funaisoken.co.jp/fhrc/seminar/041290_lp/

この繁忙期で売上をしっかり上げつつ、繁忙期後の業務効率化へスムーズにいこうできるよう、
しっかりとした対策を行っていただければ幸いです。
以上になります。お読みいただき誠にありがとうございました。