船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM資産管理・会員制賃貸ビジネス・不動産テック

【業績昨対トントンの状態ではないですか?】「管理受託特化型のワンチーム」で急成長! 営業利益で昨対プラス1000万を実現した成功事例紹介!

 
「昨対と比べて賃貸仲介・管理共に売上げがのびていない」
「特別悪いというわけではないけれど、業績が現状維持のまま数年変化がない」
「今後の成長戦略が描けない」

船井総研のコンサルタントが全国各地の賃貸不動産会社の経営者の方と
お話をさせていただくなかで、そのようなお悩みを聞くことが増えています。

そのような市場傾向のなかで、「南国ハウス様(鹿児島県鹿児島市)」は、長年続いていた「管理戸数横ばい」「入居率横ばい」の状態から、「管理受託年間200戸」「営業利益前年比プラス1000万円」を実現されています。

========================================
南国ハウス様の具体的な取組み内容や
成功の秘訣についての詳細は下記URLよりご覧ください。
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/chintai/seminar/054625_lp/
========================================

南国ハウス様は社員数15名以下(パート含む)という小規模な会社です。
競合企業もひしめく激戦区で、南国ハウス様が成功した理由は規模の大きさでも、
トップ営業マンがいたからでもありません。
『仲介営業・管理営業をワンチーム』とする体制づくりに転換し、『自社独自のターゲット物件』を武器とする戦略に転換したことによって、入居者はもちろん、オーナーからも評判が大変良くなったのです。その戦略のポイントは3つありました。

【南国ハウスの3つの戦略ポイント】

POINT1:部分最適でバラバラだった体制を「管理受託特化型のワンチーム」に転換
仲介営業担当者・管理営業担当者の連携がうまくいかず、管理受託した物件や空室対策したが満室化しない…なんてことはないでしょうか? 以前の南国ハウス様もそのような状態でした。そのような状態にある会社で最も重要なことは、仲介営業担当者・管理営業担当者が「空室対策&リーシング」で一体化すること。南国ハウス様の成長も、その転換から始まりました。

POINT2:受託した物件を「すぐに満室化」できるノウハウの実践
パート採用した主婦スタッフを、インターネット集客を徹底強化するWEB専任者として配置。『しろうとでもできる集客強化ノウハウ』を実践することで、課題だったメール反響来店数が1.8倍に。物件入力から解放された仲介スタッフは、管理営業スタッフと連携して『スピード客付けノウハウ』を実施。管理受託した物件を「すぐに満室化」することで、新規オーナーからの信頼をどんどん獲得することができるようになりました。

POINT3:賃貸管理営業しろうとでもできる「シンプルな管理受託方法」の確立
管理戸数・入居率が「長らく横ばい」だった南国ハウス様には、管理営業に熟練したスタッフがいませんでした。しかも、周辺の競合企業は管理物件数千戸の強豪会社ばかりで、営業力・ブランド力で勝負しても勝つことができません…。小規模の会社は地域での認知度が低い場合が多く、広告を出したり、オーナーへ訪問したりしても「知らない会社だ」と門前払いをされてしまうことってありますよね。
そんな弱点を補うために武器としたのは「築古サブリース」「初期費用ゼロ円リフォーム」「入居時費用ゼロプラン」の3つ。商品策・販促策・営業策を明確にしてストーリーのある管理受託ができるようにすることで、『賃貸管理営業しろうとでも年間200戸受託』を実現できました。

いかがでしょうか? いま、あなたの会社が仲介売上の伸び悩み、管理戸数の伸び悩みで苦労していらっしゃるならば、南国ハウス様が実践されたことを参考にしてみてください。

そして、
この度、南国ハウス様に特別講演を実施いただくこととなりました!
講演では南国ハウス様の事業戦略、さらに細かい業績アップ手法についてお話いただきます。是非この機会に南国ハウス様の取組みを聞いてみてください!

▼南国ハウス様の経営のポイント詳細はこちらから▼
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/chintai/seminar/054625_lp/

▼「強み」を活かした多角化業績アップセミナー お申し込みはコチラ▼
https://member.funaisoken.co.jp/seminars/a2m100000099r7t/sign_in?media=&seminar=054625