船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM資産管理・会員制賃貸ビジネス・不動産テック

管理戸数を毎年2,000戸増やし、入居率96%を実現する 株式会社 明和不動産管理に学ぶ!『ゼロ円空室リノベーション』とは?

 
リノベ受注率30%から60%
リノベーション物件の稼働率100%!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・管理戸数が増えない…
・入居率が低い、または下がってきた…
・社員が自信を持ってオーナー営業できない…

今回は『ゼロ円空室リノベーション』でこんなお悩みを解決した
熊本県を拠点とする”株式会社明和不動産管理様”の成功事例をご紹介致します。

”明和不動産管理様”は以前、リノベーション商品を自社開発し、
オーナーへの営業に努めていましたが、徐々に下記のような課題が出てきました。

・社員が自信を持って提案できない
・なかなかリノベ受注につながらない
・オーナーの反応がイマイチ
・リノベ受注ができても入居につながらない

このような状況を打破し、リノベ受注が進むきっかけに
なったのが『ゼロ円空室リノベーション』でした。

今回は少しだけ成功のポイントをご紹介いたします。

①入居者のニーズを的確に把握した、時代に合ったデザイン
②”リノベ×ファイナンス”でオーナーリスクゼロの商品設計
③リノベ受注率30%→60%に!誰でも受注できる仕組み作り&販促ツール

より詳しい内容をご紹介させていただくために、
今回、株式会社明和不動産管理 代表取締役社長 川口圭介氏を
特別ゲストとしてお迎えし、
『ゼロ円空室リノベセミナー』を開催いたします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★ゼロ円空室リノベーションモデルを ☆★
☆★ おススメする理由☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【理由1】全国的に築古物件が急増し、
リノベ需要が高まっている!
…………………………………………………………
【理由2】他社にはない独自商品で差別化!
管理受託のきっかけになる!
……………………………………………………………
【理由3】物件力UPにより入居促進!
高入居率を継続的に実現できる!
……………………………………………………………
【理由4】金利負担0円・自己資金持出0円で、
オーナーが断わる理由が無いため、受注しやすい!
……………………………………………………………

\\セミナーご参加者様限定!特別公開 //
明和不動産管理様も活用している
下記のツールを特別にお見せします!

・「ゼロ円空室リノベーションモデル構築ツール」
・「リノベーションデザインプラン」
・「リノベーション販促ツール」
・「営業トークマニュアル」 等々…

セミナーへのご参加をご希望の際は、
満席になる前に、ぜひお早めにお申し込み下さい。

>>お申し込みは下記URLから!<<
https://member.funaisoken.co.jp/seminars/a2m100000099pMI/sign_in?media=&seminar=054086

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★ゼロ円空室リノベセミナー 開催概要☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【東京会場】
日程: 2020年1月27日(月)
13:00 ~ 16:30 (受付 12:30 ~)
会場:株式会社船井総合研究所 東京オフィス
所在地: 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目6−6 日本生命丸の内ビル21階
<JR・東京メトロ東京駅より直結 >

【ゲスト講師 紹介】
株式会社明和不動産管理
代表取締役社長 川口圭介氏
「管理戸数を毎年2,000戸増やし、入居率96%を実現する0円空室リノベとは?」

【講演内容】
・ゼロ円空室リノベモデル構築までの軌跡
・商品構築(業者との連携・商品開発)
・新人でもリノベ受託につながる営業手法
・受託を絶やさない好循環の仕組み作り

>>お申し込みは下記URLから!<<
https://member.funaisoken.co.jp/seminars/a2m100000099pMI/sign_in?media=&seminar=054086

※セミナーご参加の方限定!無料で個別経営相談ができます

※「1月27日はどうしても参加が難しい」という方、
「セミナーへのお申込みをためらっている」という方、
その他ご不明点等ございましたら、下記お問合せフォームから
お問合せください。担当の者より回答をさせていただきます。
>>https://www.funaisoken.co.jp/form/seminar_qa?contact_number=054086

皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

ご多用のところ、最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。
引き続きご愛顧のほど宜しくお願いいたします。