船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM資産管理・会員制賃貸ビジネス・不動産テック

【2年間もの間管理戸数が増えていなかった地方の賃貸管理会社が賃貸管理⇒資産管理への転換で半年で管理戸数300戸UPできたワケ】

 
ここ数か月の間で、大手サブリースメーカーが「賃貸管理」に積極的に力を入れ始めてきました。
地方の賃貸管理会社としては、大手メーカーは脅威と感じられること間違いなしかと思います。

実際に地方のオーナー様からお話を伺っていますと
サブリース契約から一般の管理契約に変更した、といった声もちらほら聴くようになりました。

大手メーカーが賃貸管理に取り組み始めた中で、
地方の管理会社だからできること、
地域密着の管理会社だからこそできること、
そこでの一点突破を進めていく必要があります。

本日ご紹介させていただくのは、
人口11万人、借家数1万戸の滋賀県彦根市で
賃貸管理会社から資産管理会社へと転換することにより
管理戸数を大幅に伸ばした株式会社イズミ様をご紹介させていただきます。

イズミ様が実践した取り組みは以下の9つです。

1.市内全域のオーナーリストの作成
2.オーナー通信で自社をアピール
3.管理オーナーの満足度アップ
4.提案ツールを活用する
5.自社の取組みに協力的な業者を作る
6.新規オーナーを集める
7.オーナー営業に集中させる
8.新規オーナーの訪問を行う
9.業務効率化で社員一人当たりの生産性を向上

これを行う上で資産管理として最も注力した点は
「オーナーのお悩みを引き出すこと」でした。

まずは今まで少なかったオーナーとのかかわりの時間を増やすために
オーナー通信の発信とオーナー向けセミナーを開催。
そうすることで次第にオーナーと打ち解けることができ、
今まで話してもらえなかった悩みを打ち明けていただくことができました。

ヒアリングした後はしっかりと悩みを「分析」する。
オーナーにいきなり提案するのではなく、
しっかりとヒアリングし、十分な分析を行ってから提案することで
よりオーナーの悩みにマッチした提案を行うことができます。

その他にも、
・オーナーリストの作成時は空室数や戸数まで入れた詳細のモノを作成する
・誰でも使える提案システムを使う
・定期的なオーナーセミナー開催
・オーナー営業の専任化
といった取り組みを行うことで
半年で管理戸数が300戸増加しました。

今回のセミナーでは実際に取り組まれたイズミ様の声を
直接聞いていただける機会を設けました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪セミナーのご案内≫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【多くのご要望にお応えして、大阪開催決定!】
資産管理セミナー2019 ~大阪~
2年間もの間管理戸数が増えていなかった地方の賃貸管理会社が
賃貸管理→資産管理への転換で半年で管理戸数が300戸UP出来たわけ

【特別ゲスト講師】
株式会社イズミ 代表取締役 泉藤博 氏
株式会社イズミ 統括部長 泉了樹郎 氏

日程:2019年12月6日(金)大阪(船井総合研究所 淀屋橋セミナープレイス)
時間:13:00~16:30(受付開始12:30~)

↓お申し込みはこちら↓
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/chintai/seminar/054256_lp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後の時代では
”オーナーの物件を管理する”賃貸管理会社から、
”オーナーの資産を管理する”資産管理会社へと昇華する必要があります。
是非、時流に乗っている会社さんのお話をお聞きしたい方はご参加ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。