船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング 住宅不動産コンサルティング.COM資産管理・会員制賃貸ビジネス・不動産テック

【管理戸数が伸び悩んでいる会社様必見】 たった1年で/管理戸数900戸増/粗利+5,000万円増/入居率87%→92% ~今、注目の「0円空室リノベーション」とは~

 
皆さま、いつもコラムをお読みいただきありがとうございます。

今、皆さんもご存知の通り、全国的な入居率の低下や築古物件の増加等々で不動産業界は増々厳しさを増してきています。

弊社、船井総合研究所は年間300社を超える不動産会社様への
コンサルティングを行わせていただいていますが、
“管理戸数が伸びない”というお悩みが最も多く寄せられています。

毎年、管理戸数を伸ばし110%成長・115%成長を継続して実現していくためには
時流に沿った業績を上げ続ける仕組み作りが必要になります。

今回は成功事例企業として富山県富山市を拠点とし、
たった1年で/管理戸数900戸増/粗利+5,000万円増/入居率87%→92%
を達成した“朝日不動産株式会社”様をご紹介させていただきます。

朝日不動産様は冒頭に記載させていただきました
「ゼロ円空室リノベーション」という商品を中心として
管理を増やし、売上を上げ続ける仕組みを構築しました。

「ゼロ円空室リノベーション」をおススメする理由
1.全国的に築古物件が急増し、リノベーション需要が高まっている
2.他社にはない独自の商品で差別化!管理受託の大きなきっかけになる
3.物件力UPにより入居促進!高入居率の実現につながる
4.金利負担0円・自己資金持出0円で、オーナーが断わる理由が無く、受注しやすい!

上記のような、オーナーにとってメリットがあり、
かつ他社と差別化できる商品を先ずは構築しました。

そして次の段階として、商品を拡大させる仕組みを構築します。
このメルマガをお読みの会社様の中には非常に高い受託率を上げている
営業マンがいらっしゃる場合もあるかとは思いますが、店舗全体の数値で
見たときになかなか高い水準を維持できている会社様はかなり少ないのが
現状です。
朝日不動産様は店舗全体で平均60%の受託率を維持し、毎月15件の受託数を
継続的に上げています。

なぜここまでの高水準を維持できているのか?
それは先ほどお伝えした仕組み作りにあります。

朝日不動産様成功のポイント
1.どの営業マンでも提案しやすい営業ツール
2.オーナーが理解しやすい商品パッケージ
3.オーナーを集める集客手法

https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/chintai/seminar/051980_lp/

この度、もっと詳しく話を聞きたい・自社でも導入を検討したいという
ご希望をお持ちの会社様向けに
朝日不動産 代表取締役社長 石橋正好氏をお招きし、
“0円空室リノベーションモデル”導入のためのセミナーを開催することとなりました。

当日は現在に至るまでの軌跡から、
他の不動産会社様がゼロ円空室リノベーションモデルを導入する際のポイント
についてご講演いただきます。

また、朝日不動産様も活用している
下記のツールを実際にお見せします!

・「ゼロ円空室リノベーションモデル構築ツール」
・「リノベーションデザインプラン」
・「リノベーション販促ツール」
・「営業トークマニュアル」
https://lpsec.funaisoken.co.jp/fhrc/chintai/seminar/051980_lp/

セミナーへのご参加をご希望の際は、
満席になる前に、ぜひお早めにお申し込み下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★ゼロ円空室リノベセミナー 開催概要☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■開催日程・場所
2019年11月18日(月):13:00~16:30(受付開始 12:30~)
開催場所:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター
アクセス:東京都中央区京橋1-7-1 戸田ビルディング(東京駅八重洲中央口 徒歩5分)

■ゲスト講師
朝日不動産株式会社 代表取締役社長 石橋正好氏
賃貸仲介店舗を富山県内に11店舗を展開しており、現在は管理戸数8000戸を超える。
今期は管理戸数を1000戸近く増加させた。

■お申込フォーム
https://member.funaisoken.co.jp/seminars/a2m100000099nNn/sign_in?media=&seminar=051980

※この日程はどうしても先約があって参加できないという方、
セミナーへのお申込みをためらっているという方、
その他ご不明点等ございましたら、下記お問合せフォームから
お問合せください。担当の者より回答をさせていただきます。
→(https://www.funaisoken.co.jp/form/seminar_qa?contact_number=051960

皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

お忙しいところ最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました!
これからもよろしくお願いいたします。