IoT導入によるスマートホーム化のススメ

不動産業績アップメルマガ読者の皆様

こんにちは。

 

本日は「IoT」について執筆致しました。

あらゆる分野でIoTが浸透しつつある今日、

住宅・不動産業界も例外なく浸透してきつつあります。

 

住宅におけるIoTは、屋内にカメラ・センサーを

設置することにより、いつでもどこでもおうちの状況が

分かる、所謂「ホームIoT」が挙げられますが、

我々は、競合他社との差別化のためにも、

このようなIoTサービスは自社商品に付加することが効果的です。

 

以下、自社商品に導入するメリットを執筆致しました。

 

《まとめますと・・・》

◆メリット1

日本ではまだまだ普及していないため、先駆者になれる!

 

◆メリット2

顧客との継続的接点が持てる!

 

◆メリット3

分譲住宅との相性がバツグン!

 

≪以下 詳細内容≫

◆メリット1

日本ではまだまだ普及していないため、先駆者になれる!

 

住宅・不動産分野におけるIoTの市況について、

まずは海外の動向を見ていきます。

 

海外では、かなりの速度で普及しております。

 

アメリカ Comcast社の「Xfinity Home」は、

2017年12月末に113万契約を達成しております。

米国全体での、IoT普及率は約30%にものぼっています。

 

 

これに対し、日本はというと、現在の普及率は4%と、

まだまだ普及率が伸びていない状況です。

 

まだまだニーズが低いのでは?とお考えの方もいるかと思いますが、

KDDI社の調査により、ホームIoTを「利用したい」のは全体の54.8%と、

潜在ニーズは非常に高いことが分かっています。

 

潜在ニーズが54.8%と非常に高く、普及率が4%と非常に低いため、

競合他社との差別化のために、また、IoTにおける地域での

先駆者になるために、今からの導入は非常に優位性があります。

 

◆メリット2

顧客との継続的接点が持てる!

 

また、顧客との継続的な接点が持てることも

メリットとして、挙げられます。

 

住宅会社様でよくお聞きすることが、

定期点検以外でお客様と接触する機会が中々ないということです。

 

ホームIoTを導入していると、施主様には、

基本的には住宅をスマートフォンアプリで管理してもらうことになります。

 

アプリをインストール頂いていれば、

アプリ上に新商品情報や、リフォームの情報等の

通知が可能になり、顧客との常時接続が可能になります。

 

常時接続になることで、リフォームのような、

顧客の2次取得を自社で囲い込める仕組みづくりが可能になります。

 

 

◆メリット3

分譲住宅との相性がバツグン!

 

ホームIoTは、海外では普及率が高いが、日本ではまだまだ低い

ことは、「メリット1」にて記載致しましたが、

その要因のひとつとして、

 

「海外では住宅とのセット販売に対し、日本ではオプション販売になっている」

 

ことが挙げられます。

米国企業では、セキュリティとのセット販売で、購買障壁を無くしているのに対して、

日本では、住宅をかたちづくる際の「ついで」の商品になってしまっているのです。

 

「ついで」商品になってしまっている理由として、

顧客もホームIoTを導入してどんなメリットがあるかのイメージがしづらい

ことが考えられます。

 

現状は営業の場で、おうちづくりの際の付帯商品として、実物大ではなく、

口頭での説明に終始してしまっている可能性が高いからです。

 

その点では、分譲住宅はホームIoTをセット販売するために、

非常に相性の良い商品かと考えております。

 

実物大の建物に、セットしておけば、顧客もホームIoTに対する

イメージがより具体的なものになり、導入メリットがより伝わりやすくなるからです。

 

メルマガ読者さまも是非、ホームIoTを導入し、

自社エリアでのIoTのパイオニアになりましょう!

 

 

【研究会情報】分譲ビジネス研究会

本メルマガでも紹介した、ホームIoTをたった3万円の原価で設置可能です。

時流に合った豊富な情報提供をさせていただいております。

まずはお試しご参加からお待ちしております!

http://www.fhrc.jp/bunjyo/guide/