市場縮小時代においても成長を遂げる企業の3つの業績UPセオリーとは!?

こんにちは。船井総合研究所 不動産支援部 分譲グループ チーフコンサルタントの本倉 裕大です。
いつもメルマガにお目を通していただきありがとうございます。

本日は「圧倒的な地域一番企業」になり、さらに会社を成長させるためにどうすべきかのヒントを体感いただけるセミナーのご紹介です。

住宅不動産業界は激動の時代を迎えており、数多くの工務店が生き残れていた時代は終わりつつあります。

国交省からのデータによると全国での新設着工棟数は1996年の約164万戸から令和元年には約90万戸と大きく減少しています。

また、市場の減少に伴い、木造建築工事業者の数も1996年から令和元年にかけて約半数以上に減少しています。

木造建築工事業者数に関しては年間供給棟数10棟以下のビルダーの減少分をそれ以上の上位ビルダーが伸ばす構図が続いております。

今後もこの二極化はより激しくなるため、市場縮小時代を生き残り、会社をさらに成長させるための次の一手を打つことが非常に重要になります。

このような市場縮小時代においての業績UPセオリーは以下の3点です

市場縮小時代においてもこの業績UPセオリーの3つを掛け合わせながら県内着工棟数11年連続No.1、年間着工棟数グループ合計1,100棟、売上270億円を実現されているのが新潟県のイシカワグループ様になります。


本セミナーではイシカワグループの経営戦略を大公開致します!
戦略(1)新潟県着工棟数11年連続No.1を実現する多ブランド化戦略
⇒客層を広げる・事業領域を広げる
戦略(2)新潟から県外へ!全国31都道府県への出店戦略
⇒エリアを広げる
戦略(3)不動産店舗出店×ローコスト分譲の不動産戦略
⇒客層を広げる・事業領域を広げる

住宅事業における多ブランド化戦略と不動産店舗による地域密着戦略で県内圧倒的No.1企業であり続けながら31都道府県への全国展開も実現する成長戦略をお話いただくのは今回限りです!

日本TOPクラスビルダー経営者が考える住宅業界の今後についても当日大公開!

↓↓詳しい内容・申し込みは下記からお願いします↓↓
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/068043

※※本セミナーはコロナウィルスの影響によりオンラインでの開催となります。※※

【オンライン開催のメリット】
1.コロナウィルスの影響を心配することなく実施することができます。
2.クオリティそのままで交通費・宿泊費のコストがかからなくなります!
3.事前に接続テストをさせていただきますので、当日も安心です。

日程:
2020年1月29日(金) 13:00~16:30(ログイン開始時間12:30~)
2020年2月 3日(水) 13:00~16:30(ログイン開始時間12:30~)
2020年2月 9日(火) 13:00~16:30(ログイン開始時間12:30~)

場所:
本セミナーはオンラインでの開催となります
また、今回多くの申し込みが予想されます。
お申し込みはお早目にお願いいたします。

みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げています。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。